異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  インド/デリー旅行記(2012/8) >  同じ旅行会社でも、各々言うことが違うインド人

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


同じ旅行会社でも、各々言うことが違うインド人

2012/09/10 18:30

パスポートが無事に戻ってきた後、デリー観光に出発しました!

インド滞在最後の日にもデリー観光をしたので、それと併せて後々に書きたいと思います。

観光から帰ってきて、夜行バスに乗るまでの短い時間でも驚いたことがあったので書かせていただきます。

2012年8月 インド/デリー旅行記 前回までの記事
  1. ムスリムのお祭で安宿満室!
  2. デリーの中級ホテルでちょっとセクハラを受けました
  3. パスポートを見知らぬ場所に置き忘れた。
  4. 取り戻したパスポートの代償



デリー観光を終え、旅行会社に戻ってくると、旅行会社の人から
「ドライバーにチップを払うものですよ。チップはアメリカ式です」
なんて言われました。


「はあ? イギリスなら歴史的につながりあるから、まだわかるけど、何でアメリカ式なんじゃ!?」
と思いつつも、まだ新しいバス券ももらっていないし、面倒なことになったら困る・・・

「妥当な額は?」
と聞くと、
「200ルピー(300円)かな」

手持ちがちょうどなかったので、100ルピーあげました。
運転手さん、家族で美味しいごはん食べて下さい!





夜行バス待ちの間、旅行会社の事務所で休憩を取っていると、私のバッグに取り付けている懐中電灯(停電対策!)を見て、
「僕にそれをください。あなたは露店で同じものを買ってくればいいです」
なんて、冗談なのか本気なのか、訳わからないことを言い出す事務員がいました。

懐中電灯あげてもいいから、真意が知りたいわ。
あげても真意がわかるわけないから、「はあ?」って言って断ったけど。




また、ボラれざるを得なくなったので、
「キャッシュが不足してるからATMに行きたい」
と告げると、若干入り組んだ場所にATMがあるので、旅行会社の手隙の人がついて来てくれました。


P1010911

手間取ってしまい、けっこう長い時間待たせてしまったので、帰り際に、
「案内してくれたお礼として差し上げます」
と、いくらか忘れたけど10~50ルピーを手渡そうとしたら、
「これは私の仕事なので、チップは受け取りません。私の喜びは、政府から毎月の給料をもらうことです」
と言われ、断られました。


ここで驚いたことは2つ。

1つ目は、チップを受け取らなかったこと。
チップや物資を平然と要求する人もいれば、逆に断る人もいてびっくり。

2つ目は「政府」と名乗ったこと。
旅行会社の人は「政府公認の旅行会社」で働いているだけであって、「政府」で働いているわけではないのい、「政府からサラリーをもらっている」って言っていたの。

「政府」のような振る舞いをして、旅行会社の格式を上げることに注力しているのだろうか??
格式を上げるために、チップを断るような振る舞いを取ったのか??



一概に「インド人は~な人」と断じて言えなくなった出来事でした。
どこの国の人にも言えることだけど、特に個人個人の反応を見て、レスポンスしなきゃいけない人たちなんだなという印象です。




インド英語のリスニング(CD付) (CD BOOK)
まさかインド訛り英語の訓練本が出版される日が来るとは!!インド人が発音をグローバルスタンダードに合わせず、日本人が適応しなきゃいけないことなのだろうか・・・?
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バレンチノ 財布
同じ旅行会社でも、各々言うことが違うインド人|異文化に恋してる
[2013/04/18 12:45] バレンチノ 財布
プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。