異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  インド/デリー旅行記(2012/8) >  ムスリムのお祭で安宿満室!

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


ムスリムのお祭で安宿満室!

2012/09/04 18:30

空路でダラムサラに行こうとしていましたが、ストライキで行けなくなりました。
そんな午前2時。

仕方がないので、キングフィッシャー航空の窓口で高速バスの予約をしてもらうことに。


「早朝発のはありますか?」
「5時発のがあるよ」

すばらしい!
それに乗って行こう!
運よく窓際に当たれば田舎の景色も見れるし素晴らしいやあ!



なーんて希望を抱いていたら、
「申し訳ございません。夕方の5時のことでした」

おいっ!
束の間の幸せに終わりました・・・

空港の窓口だから、事務の得意な人が働いていると思うんですけど、ケアレスな国民性ですか?
それとも夜勤で疲れて寝ぼけていたのですか??




とりあえず夕方5時まで時間があるので「デリーのどこを観光しようかな~」なんて地球の歩き方を見ながら考えることに。

空港の中にいるとクーラーが効きすぎて寒いので、外に出て本を眺めていると、男性に話しかけられました。


「女性がここに1人でいたら危険だ。80ルピー(120円)でホテルに送迎します」
客引きでした。



インドの物価がよく分かっていなかったので、80ルピーが妥当かどうか分からない。


警備員は「彼は安全」と言う。


直感的に「命と大金を奪われることはなさそう」と感じたので、タクシーに乗ってみることにしました。

※あくまでも「直感」で無事だっただけなので、原則は夜間に女1人でデリー空港からタクシーに乗ることをオススメはできないです。
高級ホテルに連れて行かれ、「ここに泊まるか俺と一夜明かすか」なんて選択を迫られることもあるようです。
(高級ホテルなのは、脅し効果もあるけど、タクシードライバーへの営業マージンが高額という理由もあります)


もしかしたら、空港のセキュリティが厳しくなっていて、認定されたタクシードライバー以外は許可無しで乗り入れができなくなっているのかもしれないです。
リクシャー(バイクに座席を取り付けた3輪車)も乗り入れできなくなっていました。

ビザの記入項目もやたらと多いし、地下鉄に乗るのにも手荷物検査があるし、セキュリティに注力しているようです。




タクシーが真っ先に向かったのは、見た目でいえば交番のような殺風景の旅行会社でした。

事務員 「君はどこのホテルに泊まりたい?」
私 「(地球の歩き方を指し)ここがいいです」
事務員 「そこは空いていないと思うな。明日はイスラム教のお祭りで、信者が全国から来ているから、どこのホテルも満室だと思うよ」
私 「ほんとですか!? ちょっと電話貸して下さい!」


安宿といえば200~1,000ルピー(300円~1,500円)ですが、私が電話をかけたのは1,200ルピーくらいのところ。
本当に満室でした。
地球の歩き方に載っていない、同価格帯の宿も紹介してもらいましたが、2つとも満室。


帰国して本当にお祭りだったのかを調べたところ、JETRO(日本貿易振興機構)「インド祝祭日情報」に「イスラム教断食明け祭(8/20)」とありました。
毎年更新してくれているサイトなので、次回から祝日・祭日情報については、ジェトロさんのお世話になります!




タクシーの運転手に「ホテルに引き返してくれないですか? もちろん往復料金払います」と頼んでみました。

「もう帰らなきゃいけないんだ。俺の知識で泊まれるところ探してみるよ」

私が直接ドライバーに払うお金よりもホテルからの紹介料の方が大きいわけではなく、本当に帰らなきゃ行けないのかもしれない。
タクシーを元締めに返却したりしなきゃいけないのかもしれない。


しぶしぶ、ホテルを探してもらうことに・・・


hon01.jpg
世界の葬送
本書では土葬、火葬といった葬送方法、そして世界125ヵ国の葬送習慣を解説している。
世界には土葬や火葬以外にも様々な葬送習慣がある。風葬、水葬、鳥葬、樹上葬など実に多彩だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加


異国感がすごく感じられるやりとりですね。

それにしても度胸があるというか...

これが旅の楽しさかもしれませんがくれぐれも気をつけてくださいね。

宿どうなったのか気になります。

ポチリ。
[ 2012/09/05 03:52 ] [ 編集 ]
>tac-phen 様
ご心配ありがとうございます!
自分から見ても「私って危ないなー」と思います・・・
反射的に行動してしまう悪癖があるので、気をつけなきゃいけないんですけどね・・・

私のドジでボラれざるを得なくなったりしましたが、被害額が少なく済んでいる方で救われたりしました。
運には恵まれています!
[ 2012/09/06 20:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。