異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  インド/ダラムサラ旅行記(2012/8) >  記入するだけで面白いインドビザ~性別欄と宗教欄の特殊性

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


記入するだけで面白いインドビザ~性別欄と宗教欄の特殊性

2012/08/30 18:30

記入するだけで面白いインドビザ~オンライン申請ハイライトの続きとして、個人的にVISA申請用紙に記入していて興味深かった点についてご紹介いたします。


◆SEX(性別)

sex.jpg
Male、Female、Transgender

トランスジェンダー、すなわち、「割り当てられた性」 (身体的特徴ないし遺伝子上の性に基づく男性か女性かの他人による識別) とは違う「性自認」 (女か男か、あるいはそのどちらでもないか) の状態にある人(wiki)が選択肢があることに驚きました。

まあ、あって当然なんだろうけどね・・・
アンケート記入用紙くらいは見逃すとして、銀行口座開設用紙くらいにはこの選択肢もあった方がいいんじゃないのかなあ。

ジェンダーってグラデーションだなって思う。
みんな微妙に違っている。
いっそのこと3分類だけじゃなく、10段階にしてもいいんじゃなかなって、ふと思った。

例になるか分からないけど、微妙な例として、私自身を挙げます。

10代の頃は、女で在ることに嫌悪感がありました。
学校で男女別に整列するときに、「なぜ私は女子側に並ばなきゃいけないんだろう?だからといって男子側に並ぶわけにもいかないし。うーん」といつも思っていました。
女子側に並ぶことに違和感がない女の子たちがとても羨ましかった。

就学前は男の子によく間違えられ、6歳頃から始まった激しいルックス・コンプレックス、中学生のころ容姿のことでからかわれていたのがトラウマになっていたんだと思います。
トラウマのため、自分が女であることを受け入れきれなかったのです。

20代後半になって、トラウマはだいぶ解消されたけど、「100%女性です」なんて信じきれないところはあります。
自分のことを掘り下げきれていないけど、男性ではないから、「95%女性で5%中性」という表現が今は限界です。



◆Religion(宗教)

religion.jpg

BAHAI(バハイ教)??
PARSI(パルシ教)??
何ですか??


◆BAHAI(バハーイー教)

wikiによると、
信徒数は公称600万人、189ヶ国と46の属領に広がっており、ブリタニカ百科事典によると現在布教国数でキリスト教に続き世界で二番目に広がりを見せている宗教である。

(中略)

人類の平和と統一を究極の目標とし、真理の自己探求、男女平等、一夫一婦制、科学と宗教との調和、偏見の除去、教育の普及、国際補助語の採用、極端な貧富の差の排除、各国政府と法律の尊重(暴力革命の否定)、アルコールや麻薬の禁止などの教義、戒律を持つ。発祥地のイランや中東に留まらない世界的な普遍宗教としての性格を有する。

トーキング・マイノリティさんによると、
信徒数で特に突出しているのがインド。2百万人以上のバハイ教徒がおり、ニューデリーのバハイ教寺院は斬新な設計ゆえ、観光名所となっている。


「公称600万人なら、幸福の科学や創価学会の方が多いじゃないか!」
なんて思っちゃったけど、世界宗教として拡張していて、インドで広がっているからビザ申請欄に載っているのね。



◆PARSI(パールスィー教)

wikiによると、
インドに住むゾロアスター教の信者。

(中略)

インドでは、ペルシャ人を意味するパールシーと呼ばれ、数としては少ないが非常に裕福な層に属する人や政治的な影響力をもった人々の割合が多い。インド国内で少数派ながら富裕層が多く社会的に活躍する人が多い点は、シク教徒と類似する。インドの二大財閥のひとつであるタタは、パールシーの財閥である。

(中略)

2010年現在、6万1千人程のパールシーがインド国内にいるといわれるが、数は減少傾向にある。10年ほど前には6万9千人だった。理由は、現在もパールシーはグジャラートのマハラジャとの約束を守っていることにある。父親がゾロアスター教でなければ信徒となれず、女性が異教徒と結婚した場合は、信仰を捨てなければならないからである。
パールシーは数世代前までは子供は5人程度もつのが一般的であった。しかし最近はその生活水準の高さから、結婚や子供の数が欧米や日本のような少子化傾向になっている。1人かせいぜい2人、場合によっては一生を独身のままで子供を作らない男性もいる(その宗教的背景から女性の結婚は増加に寄与しない)。この結果、年々パールシーの数は減少している。タタ財閥の相続が行われた際に、タタの名字をもつ相続者は1人しかいなかったといわれている。


6万人のために1行設けられているなんて!!
財閥と富裕層の集まりだからothersにできないんだね。



ただ「多い」という理由じゃなく、細かい事情で選択肢ができあがっているんですね・・・


もし日本人が「PARSI」を選択したらどうなるんだろう??
ビザセンターから問い合わせ来るのかな??


2012年8月 インド/ダラムサラ旅行記 前回までの記事
  1. インド(ダラムサラ)行きの経緯
  2. 焼身自殺しか抗議する方法がないんです(チベット民族)
  3. チベット難民と話すなら最低限この英単語を
  4. 記入するだけで面白いインドビザ~オンライン申請ハイライト



hon06.jpg
バハイ教 (シリーズ世界の宗教)
バハイ教とは、19世紀ペルシアに生まれ、わずか1世紀余りでキリスト教に次ぐ世界230余国に広まった新しい世界宗教。世界平和の実現、人権民族差別の撤廃、男女同権など、きわめて今日的な注目すべき教えと歴史、活動を紹介する、本邦初の入門解説書。

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。