異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  思想・宗教・倫理 >  家族が遭難して1人だけ助かるなら

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


家族が遭難して1人だけ助かるなら

2014/06/06 18:30

どこかで聞いたことのある話。
祖父母、父母、子供の5人がフェリーで旅行していました。
嵐で転覆してしまい、救命ボートで助かるのは1名だけ。
さて誰を乗せる?

祖父母は十分に生きた。
父母もまあ生きた。
未来の長い子供に生きてもらおう。

以前の私はこんな考え方でした。
日本人なら同じ感覚の人が多いのでは?

一方儒教では、年長の男性を一番重んじるため、祖父を助けるそうです。

寿命が短いし、もう年だから生殖機能も?なのに、なんで祖父なのさ〜??
と疑問に感じ、ずーっと心に引っかかっていました。

ところが最近、この価値観も一理あるなあと思えてきたのです。

子孫の反映を重んじるなら、子供を残すべきでしょう。
しかし先祖から受け継いできた文化や技術を維持を重んじるなら、祖父もしく祖母を残すべきかなあと思うのです。

価値観の未分化な子供が助かったとしても、まだ幼なければ他の大人の価値観に染まってしまい、祖父母や父母が伝えたかったことが途切れてしまいます。
もし大人が生き残れば、よその子に自分が長年培ってきた価値観や技術を伝承するチャンスがあります。
生殖機能が若ければ、子孫ができて教育できるかもしれません。

…こんなこと考えていたら、私の中でこの救命ボート問題の結論が出なくなってしまいました…
まあ、だれか1人しか助からない状況なんて皆無だから、早々に結論を出さなくてもいいでしょう。
ただ、子供ができたら、自分がいついなくなってもいいように、できる限り早く伝えたいことを伝えたいなとは思いました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/06/06 18:30 ] 思想・宗教・倫理 | TB(0) | CM(2)


ポイントは?
ちょっとどこがポイントか分からないので、話が逸れるかも知れませんが・・・。

最近スクーバダイビング(Cカード取得)をしたのですが、「ダイビングって結構命懸け」と感じました・・・。

引用:
{ある漂流事故
 平成6年にパラオで日本人ダイバー5人と現地インストラクター1人が漂流しました。3人の日本人ダイバーの遺体が発見されましたが、他の方々は行方不明となりました。
 漂流4日後に遺体で発見された日本人ダイバー3人の中の1人のAさんは、漂流中にメモをとっていました。そこからAさんは、少なくとも略時間は生存し、たった1人で漂流していたことがわかりました。当時の新聞各紙の報道から見出しを紹介します。・・・}
[ダイビング事故の真実](最後の方)
http://www.hi-ho.ne.jp/nakadam/diving/safe_1.htm


大海原で漂流すると、見つかるもんなんでしょうかね~。

ちなみに、私も最初の例と同じ、「静岡県沼津市大瀬崎でのダイビング講習中」でしたけどね。


あと、遺伝子的見地からの考えもあるようです。
引用{
【事例5】あなたは3人のきょうだいとともに事故に遭遇した。きょうだい3人を助けることができるが、そうすると自分は死んでしまう。逆に、あなたが助けなければ、きょうだい3人全員が死んでしまう。あなたはきょうだい3人を助けるべきだろうか(あなたときょうだいは子供であるとする)。

答えは、自らを犠牲にしてきょうだい3人を助けるべきである、ということだ。なぜならば、あなたときょうだいは1/2の確率で遺伝子を共有しており、3人のきょうだいが持つ遺伝子の総量は1/2 × 3 = 3/2 なので、自分自身の遺伝子の総量(すなわち1)よりも多い。よって、自分一人が生き残るよりも、きょうだい3人が生き残った方が、あなたの遺伝子がより多く残るのである。・・・}
}
的な。
[【善と悪】身内の利益は自分の利益]
http://naturethic.blogspot.jp/2011/01/blog-post_739.html



あと、「トロッコ問題」というのもあるようです。
[倫理学の思考実験「トロッコ問題」が面白い!!1人を犠牲にして4人を助ける!?それとも4人を見殺しにする!?]
http://commonpost.info/?p=51169

引用{【事例1】コントロールが効かなくなった暴走列車が線路上を走っている。このまま走ると、電車に気づいていない線路先にいるハイカー5人が死んでし まう。一方、その5人の前に線路の分岐があり、分岐した線路の先にはハイカーが1人歩いている。そのハイカーも暴走電車に気づいておらず、もし電車が分岐先に進行を変えると、このハイカーも確実に死んでしまう。あなたは、ちょうど分岐器の所にいて、電車の進行線路を変えることができる。さて、あなたは電車の進路を変えるべきだろうか}
[【善と悪】道徳が直観に過ぎないことを示す2つの事例]
http://naturethic.blogspot.jp/2010/12/2.html
[ 2014/08/20 10:04 ] [ 編集 ]
ポイントは…
ポイントは、一般的な日本人的な考え方への疑問です。
回答になっているでしょうか?

ダイビング… 海の中で神秘的な体験ができますよね!
でも恐ろしいんですね。。。
一度体験ダイビングをしたことがありますが、再びするかどうか考えさせられます。
[ 2014/08/23 17:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。