異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  フランスなう(2014) >  好きな様式と自己とのつながり

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


好きな様式と自己とのつながり

2014/04/13 18:30

様々な建築物や作品を生で見ていると、今まで好きではなかったものが好きになってくることがあるけれど、美しいのは分かるけれどあんまり気持ちが揺れないこともある。

惹かれるものの理由を自分の中に求めていると、ちゃんと答えが見えてきた。



子供の頃、私には神様がいました。
神様というよりも精霊に近いかもしれない。

語彙や表現が貧困で人に分かってもらえない未熟な頃や、話せる相手がいないときに語りかけていたものがありました。

ひとつは木々。

私にとって木は、動かずそこに居てくれ、身を隠してくれ、実を分けてくれる優しい存在。

20140413190727c17.jpg

ゴシック建築に惹かれる理由は、木への思いにありました。



ロマネスクも好き。

なぜか。
ロマネスクには、月夜や夕方のような静かさや雰囲気がある。

2014041319072631a.jpg

夕日と月も、子供の頃に語りかけていた相手。
昼間の太陽は、強すぎて話す気になれない。
優しい感じがいいんです。



意外と好きになったのがアールヌーボー。

20140413192121ab0.jpg

これも植物で、ゴシックと同じ理由なんだと思う。



ゴシック、ロマネスク、アールヌーボーは、整い過ぎていないとろが好きです
造築期間が長いためか、ゴシック、ロマネスクの建築は、左右非対称のものばかりで、かえって自然らしく、目に馴染んでくれます。

古代ローマ、バロックの建築物も見て、美しいとは思ったけれど、好きかどうかと聞かれるとよく分かりません。

20140413193055fd5.jpg

開放的すぎる感じや威圧感が好きになれない原因かもしれない。
私を守って隠れさせてくれるもののほうが好き。

生活状態や性格が変われば、好きになれるのかもしれない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/04/13 18:30 ] フランスなう(2014) | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。