異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  フランスなう(2014) >  瞑想のフォントネー修道院まで迷走

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


瞑想のフォントネー修道院まで迷走

2014/04/10 18:30

フォントネー修道院に行ってきました。

祈りとともに自給自足、製鉄、ワイン製造などをし、余剰生産物を住民に分けて暮らしていた人々が住んでいた場所。

仲間と協力して争いを起こさず、心穏やかに暮らしていたのかなと想像します。

20140410173141130.jpg

修道院の側に水のきれいな小川があり、水車として活用されています。

そこには鴨が3羽いたけれど、みんなオスでした。

歴史ある修道院は生息している動物さえも違うんですね。



娯楽的なものがないどころか、祭壇でさえもとてもシンプル。

心に神様を刻まざるを得ず、かえって祈りに集中できるのではないでしょうか。



行くまでは大変でした。
距離は駅から6kmで、山道でもないので歩きやすいのですが、道程を示す看板が少なくて分かりにくい。
しかも歩道が舗装されていないところも歩かなければならなかったのです。
世界遺産なのに、まるでタクシーでしか行っちゃいけないかのよう。

ガイドブックはタクシーで、観光協会は自転車で行くことを推奨していましたが、自転車でさえ1時間2.5ユーロもするし、ピクニック感覚で歩ける距離なので歩いていきました。
それほど景観がいいわけではないので、お金に余裕があって時間に余裕のない人に徒歩はオススメできません。

帰りは、ラッキーなことに、修道院の職員の方に声をかけていただき、車に乗せてもらえました。

神様のところで働いている方は違いますね。
他では不遇な扱いを受けることもありますから。
罵声を浴びせられたり、道を塞がれたり、店で注文できなかったり。
バスに乗る直前にお金を落として拾っていたら、ドアを閉められて、拾い終わってもドアを開けてもらえなかったり。

日本人や中国人は、金持ちとか民族アイデンティティが強固みたいなイメージがあって嫉妬されているのかもしれないです。

20140410173146df1.jpg

修道士が作業していた場所を見学しながら、幸せとは何か考えてしまいました。

自分の食べる分だけを自然からいただき、それを実感して感謝して暮らす日々は幸せそうに思えます。

刺激や娯楽は本当に必要なのでしょうか。
それは、日々の改善活動や創作に求めていけばいいのでは。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/04/10 18:30 ] フランスなう(2014) | TB(0) | CM(6)


私も今年に入って2ヶ月ほど、インド周辺を旅してたのですけど、ブッタガヤでブッダが瞑想してたという木の下で毎日瞑想した時、やはり同じことを考えていました。
そういうエネルギーが流れている場所にいると、自分の魂の本来の意味に気づかされるのかなーと感じました。心地よい感覚ですよね。
心の平穏を保ちながら、日々感謝をしながら生きていける環境にいられるって、幸せですよね。
[ 2014/04/11 08:23 ] [ 編集 ]
cherryさま
ブッタガヤで毎日瞑想ってすてきですね。
実践できるのもすごいです。
瞑想しようという気持ちにさせてくれるような場所なのでしょうか。

私はそろそろ東京に帰りますが、物欲主義の中で暮らしても自然の中で暮らしたい思いが続けば、東京を去ろうかなと思います。
[ 2014/04/11 17:46 ] [ 編集 ]
フラクタル
これはトンデモ仮説かと思いますが、「日本は世界の縮図」という説がありますね。
[日本列島って世界地図の縮図だって知ってた??]
http://matome.naver.jp/odai/2134168576587904701

で、その仮説だと、北海道は北米(新大陸、移民、広大な大地 等)。
伊豆半島はインド亜大陸、またはインドシナ半島? 
インドも伊豆も、島がぶつかって陸にくっついた、という説があるようです。その時、ヒマラヤ山脈や、富士山・箱根などができた。
国民性・県民性の類似は謎ですが。
[インドと伊豆]
http://hato.de-blog.jp/hatokaku/2008/11/post_ff89.html

すると、
[瀬戸内海は地中海?!]
http://spumo.exblog.jp/10925428
、となります。
そうすると南仏に近いのは、中国地方(岡山、広島、山口)辺りかと。
南米は、台湾、という説もありますね。(植民地?)

世界と日本にも、フラクタルが当てはまるのかも。
[フラクタルとは]
http://www.gaia.h.kyoto-u.ac.jp/~fractal/detail/41.html
[ 2014/04/12 04:07 ] [ 編集 ]
天国か地獄か?
ヨーロッパの街は、教会が中心ですね(修道院はよく分かりませんが)。
日本ではいたるところに神社・寺があります。

・・・沖縄方面を検索していたら、以下の人物が出てきました。
無人島で孤独に暮らす全裸の男 - In Subtropical Solitude
http://www.youtube.com/watch?v=Gmlx3_eAubw
無人島は、天国か地獄か? いろいろ考えさせられます。

東京でも、離島では移住者を募集したいようですね。
[新島村 空家バンクの開設について]
https://www.niijima.com/teijyu/2014-0210-1557-90.html

昔読んだエースをねらえ!に、天国と地獄の例えが出てきました(本当の元ネタはどこか分かりませんが)
天国と地獄
http://plaza.rakuten.co.jp/mokkindou/diary/201103160000/

離島は天国か地獄か? 喫煙所は天国か地獄か? 居酒屋は天国か地獄か? 動物園は天国か地獄か? ジェットコースターは天国か地獄か? 寺(修道院)修行は天国か地獄か? 等等。
まぁ、中間もあると思いますが。

あと、これも感動でした。
フランスの教会で歌われる「いつも何度でも」(日本語)
http://www.youtube.com/watch?v=HfTb1pDs2oo&list=RDHfTb1pDs2oo

とりとめなく、すみません。
[ 2014/04/12 04:38 ] [ 編集 ]
RYUさま
日本が世界の縮図ってトンデモのようですが、よく当てはまっていて感心してしまいます。
世の中不思議だらけです。

フランスの教会の歌の映像を見ましたよ。
美しい歌声も感動ものですが、座って歌っていることに驚きました。
座っていても美しい声が出るんだ!
日本なら、カメラを回すなら起立して整列するのに、そうしないのがフランスっぽいです。
ティーンがよく道端に座っているのを見かけます。

沖縄のおじさん素晴らしいです。
珍しい生き方をとらえた貴重な映像ですね。
ナレーターは孤独さの心配をしていましたが、個人的には自然に囲まれて孤独なんかじゃないなと思います。
私もある年齢までいったら、人里離れたところで健康に努め、自然の中でゆっくりとひっそりと死を待ちたいです。
[ 2014/04/12 15:14 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/05/15 12:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。