異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  フランスなう(2014) >  言葉がわからなくてもパーティーに参加した方がいい

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


言葉がわからなくてもパーティーに参加した方がいい

2014/03/29 18:30

フランス語はほとんど話せないけれど、パーティーに誘われたら極力参加するようにしています。

言葉ができないので、よく独りぼっちになるけれど、それでも参加する方が良いと思います。

なんとか会話が理解できることがあるし、文化が違うので見ているだけでも面白いし、運が良ければ心ある誰かが話しかけてくれることもあるので、参加しないよりもよいと信じています。



パーティーには辞書持参で、「辞書は友達 mon ami」と呼ぶと笑ってもらえます。

独りぼっちになったときは、つまらなそうな顔をせずに、聞き取れた言葉や言いたいことを辞書で調べて会話に参加する意志があることを体で表現しています。

辞書は友達だし、目鼻口でも描こうかな…



次回のパーティーに呼んでもらえる可能性が上がる方法に気付きました。

参加者の口に合う美味しいものを持参するだけです。

逆の立場を想像すると、日本語ぺらぺらの集まりに日本語の初学者を誘う場合、美味しいエビチリを持ってきてくれる中国人とか、香ばしいパンを焼いてくれるフランス人とか、モチモチのパスタを打ってくれるイタリア人がいたら誘いたいです。

今のところ、喜ばれる最高の手段は食べ物の提供なんじゃないかなと思っています。
(さらに上の方法があれば知りたい)

食べ物や飲み物はパーティーの必需品だし、欲求を満たすことに直結するから、楽器の演奏ができるとかジャグリングができるみたいな芸的なものよりも喜ばれるんじゃないかな。

芸は万人ウケするとは限らず退屈する人がいることがあるし、下手したら対抗心を燃やされるときもあるけれど、食べ物なら美味しければ美味しいほどいいし、無難なものを作ればだいたいみんな喜んでくれる。



こんなふうに偉そうにノウハウを書きつつも、実は最初はパーティーに参加するのが嫌でした。

孤独になるのが目に見えていたから…

でも我慢して参加したおかげで、試行錯誤でパーティーの時間を有意義に過ごす方法を見つけたし、多少は語学の向上にもつながったのでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/03/29 18:30 ] フランスなう(2014) | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。