異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  バルセロナ/スペイン散策(2014/3) >  バルセロナのサンタ・エウラリア大聖堂はちょっと不思議な形状

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


バルセロナのサンタ・エウラリア大聖堂はちょっと不思議な形状

2014/03/27 18:30

大聖堂に入れるなら絶対入ります。
マニアのような知的な詳しさはないのですが、見ていて飽きなくて困っているので、大聖堂フェチなのかもしれないです。

バルセロナでもちゃんと入りました。
ただ、ミサの最中で入口付近までしか入れませんでしたが、ミサの光景が見れた点はよかったです。



このサンタ・エウラリア大聖堂を観察すると、他の大聖堂とは少し違う気がします。
複雑で、美を通り越してやりすぎとも言える形状随所に見受けられたのです。





ステンドグラスが、弧で構成した六角形のグニャグニャ模様。
この形のステンドグラスは初めて見ました。
試みは面白いですが、好みはスタンダードな円です。




柱を構成する束の数が多いですね。
複雑でどういう規則で配置されているのか一目で把握できません。
機械の回線に見えてしまいますが、それはそれで個性的でいいですね。





パターンの繰り返しが好きなんですね。



複雑な形状、未知の形状への試みは、まるで同じバルセロナに関係のあるガウディやピカソのようだなという印象を受けました。

あくまで浅はかな印象であって、大聖堂と芸術家と土地との関係性はわからないし、専門家からすると全く共通点がないのかもしれないけどね。 このエントリーをはてなブックマークに追加


スペイン・バルセロナ。画家として奮闘する松本佳久さん
スペイン バルセロナで思い出したのが、油性ペン一本で描く日本人画家。「グッと!地球便」というテレビでやっていました。途中から見たのですが、結構感動しました。

・グッと!地球便
(抜粋)「今はようやく絵だけで生計を立てられるようになり、心の底から絵を描くことを楽しんでいる佳久さん。「大好きな絵を描けることが幸せ。僕が幸せやったら母も幸せやろうと思っています」。」
http://www.ytv.co.jp/chikyubin/oa/article20120923.html

祝賀パーティーをするなど、大成功のようです・・・。
http://nonakayoshimasa.web.fc2.com/spain1.html

・日本でも住宅内装で活躍
(抜粋)「バルセロナで活躍されるアーティストで、読売テレビの(グッと地球便)にて活躍されている姿を見られ、Y様のまさに一目惚れで是非描いて頂きたい!と猛アピールされた事で実現致しました。」
http://www.e-sumai.org/9984

・松本佳久さんのホームページ
http://www.yoshisislay.com/

・・・しかし、ここまで来るのに、ビザとかどうしたんだろうか・・・?
[ 2014/03/29 07:47 ] [ 編集 ]
>RYUさま
松本佳久さんの絵を見てみました。
先入観の影響が大きいかもしれませんが、どことなくスペイン的だなと思いました。
色や形が大人びていなく遊び心のある感じが私の中のスペインなので、まさにという感じです。

興味深いです。
[ 2014/03/29 08:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。