異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  フランスなう(2014) >  暗い自然光のエルヌ大聖堂

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


暗い自然光のエルヌ大聖堂

2014/03/12 18:30

南仏ペルピニャンからバスに乗ってコリウールに行く時、石造りの塀のある街を通ったので調べてみるとエルヌ Elneという街で、後日行ってみることにしました。



エルヌの名所は大聖堂。

中庭の柱の彫刻が一本一本異なり、見ていて面白いです。



大聖堂内部に入ると、ロマネスク様式の狭い窓から差し込む太陽光が神々しい。

電気がついていなかったことが幸いして、自然光による自然な色合いで、中世の人のような視点で眺めることができました。

たいていの大聖堂は電気がついていて、人口光の色をまい、幾重に光が重なってしまうのですが、ここは消えていた点が本当によかった。



写真では表現できないですが、太陽と月を合わせたような美しさだなと感じました。



のんびり眺めていると、突然電気がついてしまいました。

他の観光客がつけてしまったのでした。

電気、つけられたんだ…

いつもの見慣れた大聖堂になってしまった。


このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/03/12 18:30 ] フランスなう(2014) | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。