異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >   >  描いてきた絵 ver.21才

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


描いてきた絵 ver.21才

2012/07/31 18:30

絵を描くのが好きで、高校生まではよく描いていました。
漫画っぽいキャラクターの絵とか、風景が多かったです。


けれども、だんだん
「自分は何を描きたいのか」
テーマが分からなくなって、ほとんど描かなくなってしまいました。

大学生になると、その代わりに「今はテーマ探しの時期」と割り切って、アウトドアをしたり、ボランティアをしたり、旅行したりなど「体験すること」に主眼を置いていました。



テーマはなくても、たまに描きたくなって何かしら描いていたので、21才頃の作品を見てあげてください!




「受粉」

058.jpg


もともと蝶々とか花とかが好きなのですが、虫に花粉を媒介してもらうために花が美しく進化したのって不思議だなーと思ったのがきっかけです。
内心、メロメロになる恋愛がしたかったんだろうな・・・




「ハチミツづくり」

059.jpg


ハチミツが好きなのもあるけど、夏の「就活」を意識し出した頃だったかな、将来のことで悩んで、むしゃくしゃした気持ちを処理したくて筆を取ったのです・・・
線を引いて気分を落ち着けたかった。




「猫」

neko.jpg


猫が好きな友人に「猫を描いて」と頼まれて描きました。
今でも「家宝」と言ってくれていて、とても嬉しい!
ビール瓶を抱えさせたりは、ふとした思いつきだったけど、友人も私も酒飲みなので、自分たちの共通点を織り込みたかったのかも。



改めて、絵を描く意味ってなんだろう。


  • 動物・植物を擬人化すると、伝えたいことの印象が強くなたり、笑えたりする。

  • 感情をぶつけられる。

  • 同じ感情の人が見て共感することによって心が癒される。

  • 文字よりも伝達速度が早くて記憶に残りやすい。




うん、絵は世の中に必要。
もっと描こう!




現代アート、超入門! (集英社新書 484F)
たとえば一九一七年に発表されたデュシャンの『泉』。この作品は工業製品である便器がそのままアートとして出品されたものだ。仲間のアーテストたちにも「はたしてこれはアートか?」と理解されなかった作品が、なぜ今現代アートを代表する作品といわれるのか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/07/31 18:30 ] | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。