異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  フランスなう(2014) >  外食と家電が高価なフランス

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


外食と家電が高価なフランス

2014/02/23 18:30

フランスに来てまずびっくりしたことは、パリから離れてもレストランが高いこと。

感覚的に1.5倍程度です。
日本で700円くらいのケバブが8ユーロくらいしちゃいます。
1ユーロ140円の現在のレートで1120円。

1000円あれば平均以上の味のランチをお腹いっぱい食べられる日本とは大きな差ですね。



毎食1000円分も食べる余裕はないので、スーパーやパン屋で食品を買うことにすると、こちらは全然高くないし、パンやチーズのようなご当地のものは日本より安いくらいです。



ナイフ、フォーク、スプーンを調達して、バケットに好きな具材を挟んでフランスの味を楽しんでいます。



レストランともう一つ、家電も高いです。

ホテルに湯沸かし器がなく、寒いのに暖かいお茶とかコーヒーが飲めなく困ってしまったので、キッチン家電のあるお店を覗いてみると、湯沸かし器が60ユーロ…

2000円くらいなら買いたかったので、断念。
休めのカフェでコーヒーをドリップしてもらうことにしました。

2000円程度でそこそこ丈夫なポットが買えてしまう日本って、なんて物価が安いんだろう。。



フランスの人は家電が高くてお財布が苦しいかなあ、と想像してみると、そんなことないよね。

1年に何回も買うものじゃないから、多少高くても問題ないよね。

むしろ製品を高く売って給料に反映された方がありがたいです。

たくさん消費することは、多くの労働力を必要とすることだから、全体として労働時間が増えてしまう。



レストランにしても、頻繁に行かなければいいわけだから、高くても問題なし。

ヨーロッパは雨の日が少ないんだから、ベンチでサンドイッチを食べれば美味しい。

こんな感じで、物価が高いフランスでも気に入りつつあるのでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/02/23 18:30 ] フランスなう(2014) | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。