異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  まつりごと >  レバ刺し禁止は韓国の陰謀?

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


レバ刺し禁止は韓国の陰謀?

2012/06/16 14:34

レバ刺しが大好きで、

中学校の英語の授業では
"What food do you like?"
"Raw liver!"

大学生の時に近所にあった肉屋さんでも380円/100gもする生レバーを買って食べてました。
いつもは100円/100g以上のお肉は買わないから、生レバーの時はオマケしてもらっていました。
お肉屋さん、ありがとう(^∀^)





昨今、生肉の規制がひじょ~に厳しくなっていて、悲しい思いをしていました。

が、レバ刺しを提供しているお店を発見!



写真[1] (3)

名古屋市金山駅そばの炭やき鳥 ぼう家さん




メニューには「常連さん限定」みたいに書いてあったんだけど、空気を読まず注文してみたら提供してくれました!


写真[1]

艶美な紅色が輝いているよ!
たまらないねー!




こんなに美味しいのに、あと半月で全面禁止なんだね!!
 牛の生レバー(肝臓)を食品衛生法で禁じるかどうかを検討する厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の分科会は12日、「生で安全に食べるための有効な対策が見いだせていない」として、7月1日から飲食店での生レバーの提供を禁止することを正式に決定した。

とのこと。
信じられない厚労省。




そもそもレバ刺しって、朝鮮半島から来たかもしれなんだね。
焼き肉などの食文化に詳しい滋賀県立大の鄭大聲(チョン・デ・ソン)名誉教授は「戦後、在日韓国・朝鮮人が家庭で食べていたものを焼き肉店で出すようになり広まったのではないか」という。




全面禁止になったら、お隣の韓国に行って食べてやる!!!

既に実践してる人がいっぱいいるんだね・・・!
「ソウルにレバ刺しを求めて」って記事発見!



私も食べたくなったら韓国行っちゃおう♪




・・・あ、韓国旅行の潜在顧客になっていることに気付いた。

もしや、韓国旅行者を増やすために、ユッケやレバ刺しを禁止にしている、韓国縁りの方々の陰謀だったりして~♪





朝鮮戦争―金日成とマッカーサーの陰謀 (文春文庫)
金日成の経歴が虚飾に彩られたものであることは現在すでに知られるところだが、本書は「金日成」なるカリスマが太平洋戦争後、「朝鮮の解放」のために北朝鮮を占領していたソ連軍によってつくられ、将軍とされるまでの筋道、朝鮮民主主義人民共和国という国家が立国されるまでの過程、さらに北朝鮮による明らかな南進によって半島での戦端が開かれるまでの経緯が克明に描かれている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/06/16 14:34 ] まつりごと | TB(0) | CM(4)


>韓国旅行者を増やすために、ユッケやレバ刺しを禁止にしている、韓国縁りの方々の陰謀だったりして~♪

それはありえますね。 東日本大震災でも、仮設の材料が日本にあるのに、韓国の業者に発注したりしてましたから。
韓国には、虐殺記念館があって、日本人を悪者にしていますからね。
これは中国共産党による、南京大虐殺記念館(もちろんすべて捏造)の建造の真似ですね。

しかし民衆すべてが悪。というわけではないでしょう 政府が極悪ですね。
ちなみに日本の凶悪犯罪のじつに6割が、在日によるものだが、彼らは通名を使用しているのでそうとはバレないそうです。
国のためには国交断絶すべきでしょう。

http://blog.goo.ne.jp/deception_2010/e/a9183d2bcf97498e194833ff90f46a1a
[ 2012/07/06 09:59 ] [ 編集 ]
韓国について
韓国についてとても参考になるブログを書かれていらっしゃるんですね!
勉強させていただきます!
生レバーの件、本当に陰謀だとしたら、許し難いです。
[ 2012/07/06 12:06 ] [ 編集 ]
これって
鶏の生レバですよね?
禁止じゃないと思いますが
[ 2013/11/10 20:00 ] [ 編集 ]
>生レバ
だいぶ前のことなので
鶏か牛か忘れてしまいました・・・
[ 2013/11/11 22:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。