異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  インド/レー旅行記(2013/9) >  チベット医学のお世話になりました

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


チベット医学のお世話になりました

2013/11/13 18:30

高山で激しい嘔吐と下痢にみまわれたのですが、内臓が空になってから、ふらふらしながらも観光を続けたのでした。

2013年9月 インド/レー旅行 前回までの日記
  1. 機内からの景色が惜しい
  2. 高山病の薬を激安で入手
  3. インドのレーに行った経緯
  4. 高山病の亜種だろうか


塀につかまったり、這ったりしないと前進できないくらい弱っていましたが、休み休み僧院を訪問したのでした。



訪問した僧院の一つに、病院らしきものが!

P1040513

内臓は空なのに収まらない吐き気を止めたり、滋養強壮に効く薬があったらいいなあ。

・・・と思いつつドアを開けると、僧侶の姿が。

チベット文化圏では医療も僧侶の仕事とどこかで聞いたが、実際にお目にかかれて感激。

P1040514

吐き気を止めたいというよりも、目の前にある未知の薬を飲んでみたい気持ちでいっぱいになり、薬を処方してもらうことを決意。

ジェスチャーで吐き気がすることを伝えると、小指の先くらいの丸い薬を処方してくれたのでした。

P1040515

チベット医学についての情報は知ることができても、恩恵にあずかれるのは旅行ならではだなあと、今になると思います。

私はチベット医学に触れるために、この日体調不良になったのだろうか・・・



果て、この薬は効いたのか?

体感としてはよく分からなかったとしか言えないです。

「3日飲み続ければ快方に向かう」
とお医者さんが言うように即効性はないらしい。

日が経つにつれて元気を取り戻していったものの、薬のおかげなのか自然治癒力なのか、その両方なのか分別は難しい。

けれど、味の苦い薬はいい栄養になり、体調回復に貢献してくれたんじゃないかなと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

モンクレール ダウン
チベット医学のお世話になりました|異文化に恋してる
[2013/11/27 02:40] モンクレール ダウン
プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。