異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  かいしゃ >  ミスは誰のせい?

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


ミスは誰のせい?

2013/10/23 18:30

今までに何人かの上司のお世話になりましたが、

すっかり洗脳というか根付いてしまったとある上司の考え方があります。



それは、

・オペレーターのミスは管理者のミス

・部下のミスは上司のミス

・社員のミスは会社の仕組みのミス

という意識。



その意識が根付いた職場では、様々な職場の人のヒューマンエラー、特に数え間違いに悩まされていました。

滅多にない中での一度だったら数え間違いをした人が悪いことになるけれど、頻発していることは仕組みが悪く、仕組みを改善できる立場にいる管理者が悪いという評価でした。

解決方法は、管理者からのトップダウンでも良し、オペレーターから改善提案を募るボトムアップでも良し。

とにかく似たようなミスが起こる会社の仕組みを放置する管理者に責任がありました。



この職場に親しみすぎたせいか、つい問題が起こると仕組みを疑う癖がついてしまいました。

そのため、仕組みより当事者に重きを置く人と価値観でぶつかってしまいます。

ふと、こりゃいかんと思いました。

相手の意見を全く尊重していない自分がいる・・・



私は仕組み偏重という極端な考えに走っているんじゃないか振り返ってみた。

仕組みが洗練されたいない中で、注意力や説得力などの人間の底力が成長していくことに視点を当てていない。

組織が仕組みを構築の最中であり、不足部分を人間の力で補おうとしている人を尊重しきれていない。



・・・やっぱり偏重はいけないなあ。

そういえば、改善しまくった仕組みで利益を上げる某自動車会社から転職してきた人に、散々仕組みのことを悪く言われたっけ。

うちの会社のうちの事業はまだそのフェーズじゃなく、これからなんです!・・・って思ったっけ。

私もその組織のフェーズに合った見方をしなきゃだあ。

気をつけましょ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/10/23 18:30 ] かいしゃ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。