異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  東洋医学・気 >  日常生活で取り組める休養法

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


日常生活で取り組める休養法

2013/08/07 18:30

鍼灸の先生に、日常生活に取り入れやすい心身を休める方法をいくつか教わったのでメモっときます。



●笑う

笑うことで免疫力が高まったり、腹筋を使っていい運動になったりします。

逆に、いつもは笑えることで笑えなくなったら、疲労が蓄積しているサインなので、早めに休養を取った方がいいとのことです。



●よく噛む

よく噛むことによって唾液の分泌が増えるので、胃腸の消化吸収を助け、胃腸の負担を和らげます。

また、よく噛めば満腹感が早く来るので、食べる量が少なくて済み、これも胃腸の負担を和らげます。

胃腸が働かなきゃいけない状態はエネルギーを消費してしまうそうです。



●夕食軽め

寝る=副交感神経
胃腸が働く=副交感神経

⇒夜はたくさん食べてもいい!

なんて思っていたけれど、ものには限度があるみたい。
休養をしっかり取るためにも、寝ている間の胃腸の働きは少なくしてあげた方が良いそうな。


朝食と昼食については、個人差があるみたいです。

代謝のいい子供は別として、大人になると朝ごはんを無理して食べなくてもいい体質の人もいるみたいです。

朝か昼のどちらかしっかり食べて、夜は軽めがいいということですね。



●奥歯を噛みしめない

緊張すると、いつの間にか奥歯を噛みしめている。

逆に、緊張をほぐすために、奥歯と奥歯を開けるといいみたい。

できることなら口をポカンと開けられればベスト。



このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/08/07 18:30 ] 東洋医学・気 | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。