異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  フィリピン/ルソン島旅行記(2012/5) >  ダイビング業者選びを誤ると事故っちゃうよ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


ダイビング業者選びを誤ると事故っちゃうよ

2012/08/21 18:30

アニラオという人気のダイビングスポットで、生まれて初めてのダイビング!

ホームステイ先の渡辺家から2時間かけてアニラオに到着!
マニラからも高速で2時間みたいですね。


P1010368


バディ(一緒に潜る人)の紹介を受けました。
ロネルさんというイケメン!

133731644_org.jpg


2012 GW フィリピン旅行 前回までの記事
1.そうだ、フィリピンに行こう
2.フィリピンでの服装・持ち物
3.マニラ空港到着&両替
4.マニラ→世界遺産バナウエ~part 1~甘かった(泣)
5.マニラ→世界遺産バナウエ~part 2~感謝感激!
6.マニラ→世界遺産バナウエ~part 3~また予定外
7.マニラ→世界遺産バナウエ~part 4~やっと到着。
8.観光案内をしたがる親切過ぎて危険な女性
9.フィリピンでスケッチは断念。
10.敬虔なクリスチャン中学生からの布教
11.児童の深夜単独労働を目の当たりに
12.客引きに追い回された&対処法発見
13.ブランド物とファーストフード店がデパートに同居
14.ビレッジ(金持ち居住地区)でセレブ気分を満喫
15.メイドさん育ての話から広がったフィリピン人とのビジネスの話
16.「日本は危険」 フィリピン人は思う
17.施したら想像以上に喜ばれました@タガイタイ
18.フィリピンの鶏肉は中国産ばかりですって!?



水着に着替えて、ウエットスーツ、重石、酸素ボンベ、ライフジャケットを身につけると20kgにも至るため、足腰にずしっときました。

「おもーい!」
って言ってると、
「水に入ると重くないよ」
となだめられました。


彼はラテン訛りのような英語で「r」がもろに巻き舌だから聴き取りにくい!

いつもなら聞き流しちゃうけど、今回は命に関わるので、完全に理解するまで聞き返しました。




潜ってみると、鮮やかな魚たちが無防備に泳いでいるのでびっくり!
私とロネルのことを敵だと思っていなく、手を出さなければ逃げないのです。
陸上の動物なら、目が合えば逃げてしまうのに!

まるで自分が魚の一員になったようでした。

たったの潜水5m、30分のダイビングだったけど、無数の種類の魚とサンゴに会えました。
もっと深く、もっと遠くの海に行けば、更に素晴らしい光景に出会えるんだろうなあ。


「ライセンスを取るともっと大きな魚に会えるから、ぜひ次回はライセンスを」と勧められました。
商売の勧誘ではなく、本当にその通りなんだろうね。




支払いのために日本人管理人を待つことになったので、ランチをしながら待とうと思ったけど、まだ11時くらいでレストランが開いていない。
その間、ロネルが私の話相手をしてくれました。

彼は24才の学生で、船乗りになるための専攻をしているそうです。
今は期替わり休暇中のアルバイト。

24才で大学生なのが意外だったけど、聞いた話によると、最短で大学を卒業できる人は経済的事情で少ないみたいです。
どこかでお金を貯めるために、入学前に働いたり休学して働きながら、学位を取るんだそうです。



話しているうちに、いつの間にかランチタイム。
先日のタガイタイでの教訓を活かして、ドライバーさんにご馳走することにしました。
2人分のセットで注文したところ、量が多過ぎたので、ロネルも呼んで一緒に食べることにしました。

2人とも喜んでくれた反面、少し遠慮がちに食べるから積極的に取り分けなきゃいけなかった・・・
気を使ってくれる人ばかりで、フィリピン人の国民性が好きになっちゃった。



帰宅しようとしたら、まだ13時。
このままホームステイ先に帰っても、プールで泳ぐくらいしかすることがないので、ドライバーさんにおねだり。

「何かいいスポットはないですか?」

そうしたら、海が綺麗に見える場所で写真を撮ってもらったりたり、ステンドグラスの美しい教会に立ち寄ってくださいました。

P1010384



ところで、ダイビング会社選びには注意しなきゃいけないです。

同じアニラオで約1年前に日本人女性が事故に遭ったそうです。
潜伏から海面上に戻った時に、水上バイクがその女性の体に激突!
半年間の入院と、リハビリを強いられることになったそうです。

水上バイクが進入禁止の領域があるみたいだけど、彼女が選んだ会社はそれを無視していたとのこと。

確か、ダイビング業者か水上バイクを扱っているホテルのどちらかを訴えたものの、フィリピン系の会社同士は裏でグルになっているので、訴訟も思うようにいかなかったそうです。


「安い」という理由だけでダイビング業者選びをしたら危ないですね・・・
安く運営できるのにはブラックな理由があるもの。


渡辺さんによると、海外でダイビングをする際のオススメは、
・安全実績を確認すること
・日系オーナーであること(いざという時、日本人の味方をしてくれる)
ということみたいです。




R11 地球の歩き方 リゾート 世界のダイビング 2012 (地球の歩き方リゾート)
ダイビングやスノーケリングに行きたいけど、どこに行こうかと迷っている人にピッタリのスポット満載の「潜り方」完全ガイド。●特集:プロが教える…これだけは身につけたいダイビングテクニック「ボートダイビングのお作法」、コンパクトデジカメで水中写真に挑戦「むらいさちの水中フォトレッスン」など



このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。