異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  すげえよ外国 >  2種の離婚 separate と divorce

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


2種の離婚 separate と divorce

2013/07/23 18:30

フィリピン通の友達がびっくり発言
「フィリピンは離婚少ないよ~」

私の知るフィリピンは、離婚率が高く、母方の若い祖父母がよく孫の面倒をみているようなイメージだったから。



詳しく聞くと、「法的な離婚(divorce)」が少ないというだけ。

法的には離婚をせずに、別居(separate)するケースがは多いそうです。

カトリックの国だから簡単には離婚はできないから、事実離婚で済ませてしまうというそうな。



法律と信仰と実態がマッチしていないのですね。

法的には結婚しているのに、別居して、お互いに別の恋人を作っているなんて、私からすると不思議な感覚です。

日本の感覚に照らし合わせると、お互いに合意の上の不倫じゃん。



私がもしフィリピン人とフィリピンで結婚するなら、事実婚で済ませるだろうなあ。

事実上別れているのに、戸籍が一緒なんて、なんとなく気持ち悪い。

嫌になって別れたはずなのに、戸籍からビームのようなオバケのようなものが発して、不穏な思い出に取り憑かれるような錯覚がするんです。

これは私独特の感覚なのか、日本的な感覚なのか、人類共通の感覚なのだろうか。
ケガレの感覚に近いと思う。

もしフィリピンの人が同じ感覚だとしても、その時愛し合っていたら、後々離婚の障壁が高いことを承知の上でも勢いで戸籍上まで結婚しちゃう人もいるんだろうなあ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/07/23 18:30 ] すげえよ外国 | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。