異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  フィリピン/ルソン島旅行記(2012/5) >  施したら想像以上に喜ばれました@タガイタイ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


施したら想像以上に喜ばれました@タガイタイ

2012/08/16 06:30

フィリピンには英語の勉強も兼ねて来ていたので、ホームステイ中の1日はレッスンを入れてもらうことになっていました。

英語の先生はJOYさんという、渡辺さんのコンサルタント会社の秘書をしている方。
英語の先生になる学科を出たのにもかかわらず、「ビジネスの方が楽しい」という理由で、渡辺さんの下で働いているそうです。
(私も経験豊富な大人を相手にする仕事の方が好きだから、気持ちよくわかる!)



「座学でビジネス会話を学ぶよりも、観光しながらお喋りをたくさんしたらどう?」
と提案を受け、タガイタイ(Tagaytay) という景勝地に行くことになりました。

タガイタイは日本でいう軽井沢みたいな涼しげな場所で、最もリッチな層の別荘があるところでもあります。


2012 GW フィリピン旅行 前回までの記事
1.そうだ、フィリピンに行こう
2.フィリピンでの服装・持ち物
3.マニラ空港到着&両替
4.マニラ→世界遺産バナウエ~part 1~甘かった(泣)
5.マニラ→世界遺産バナウエ~part 2~感謝感激!
6.マニラ→世界遺産バナウエ~part 3~また予定外
7.マニラ→世界遺産バナウエ~part 4~やっと到着。
8.観光案内をしたがる親切過ぎて危険な女性
9.フィリピンでスケッチは断念。
10.敬虔なクリスチャン中学生からの布教
11.児童の深夜単独労働を目の当たりに
12.客引きに追い回された&対処法発見
13.ブランド物とファーストフード店がデパートに同居
14.ビレッジ(金持ち居住地区)でセレブ気分を満喫
15.メイドさん育ての話から広がったフィリピン人とのビジネスの話
16.「日本は危険」 フィリピン人は思う




時間を有効活用するためにも、公共交通機関は使わず、ドライバー付きレンタカーでタガイタイへ。

この地の見どころの世界一小さな活火山であるタール火山を眺めました。
小さくて迫力ないのがかわいらしいのに、ちゃんと噴火するというから恐ろしい!
とりあえず、この日は噴火がなくて良かった・・・

P1010284



私は山を眺めるよりも、絶叫系の方が好き。

P1010295

1人300ペソ(600円)。
私でも割高だと思うから、フィリピンの中流層なら尚更手が出ないんだろうな。
現に、JOYさんは何度もこの乗り物を目にはしているけど、乗ったことはないのでした。

割高だけど、絶叫系好きだし、乗りたいなあと躊躇していました。

そんな私に優しいJOYさんは、
「うさぎ、1人で乗ってきなよ」
って言ってくれました。

その優しさに後押しされて、せっかくの楽しい観光だし、JOYさんの分も負担して2人で乗りました。




後から渡辺さんづてに聞いたところ、すごく喜んでくれていて、2人で吊るされた写真を飾っていくれているそうです。

133730728_org.jpg




楽しいランチタイム。

私はここで「自分小さいな~」という思いをしました。


「どんな物食べたい? 予算は?」
と聞かれたとき、

「フィリピン料理で、2人で500ペソくらいのお店がいいです」
と返したのです。

遠まわしにJOYさんは
「3人で500ペソのお店もありますよ」
と。

専属でドライバーをしてくれている方のことが、頭からすっぽり抜けていた!!


どうしても、フィリピンに到着したての頃、たかられることが多かったので、自然にお金を出さないようにする癖がついていました。
北風と太陽の北風状態。

でも、お互い通貨価値の違う国に住んでいるということが分かっている大人同士で、1人300円程度なら、潔くご馳走したかったわ・・・
なんか恥ずかしい。




観光ガイドには日本張りに高価なレストランが載っていますが、ドライバーの方が知っているお店に連れて行ってもらったら、リーズナブルで美味しく、3人で満足!

出し惜しみせず、喜んでもらい、かえって「レストランの情報提供」って施しを受けちゃったわ!

133730957_org.jpg



ドライバーの方は、体が大きいのにあんまり食べていませんでした。
おそらく、すごく気を使ってくれていたのです。

後日にも別の2人の方にご馳走する機会があったけど、2人とも遠慮がちに食事をしていました。


飢えに困らない層になると、振る舞われることに対して遠慮しちゃうのかなって思いました。
次からは、最初から「遠慮せずたくさん食べて下さいね!」ってスタンスでいこうっと。
(円安になると気が変わるかもだけどね)



現代フィリピンを知るための61章【第2版】 (エリア・スタディーズ)
わが国との500年に及ぶ交流の歴史をもち、いっそうその絆を深めるフィリピン。本書は、歴史、政治、経済、社会の仕組み、そして多様な文化や人々の暮らしを、最新のトピックスを交え紹介する。より深く知りたい人のために、巻末に詳細な読書ガイドを付す。

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バレンシアガ バッグ
施したら想像以上に喜ばれました@タガイタイ|異文化に恋してる
[2013/04/23 23:46] バレンシアガ バッグ
プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。