異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  壊れちゃった自律神経 >  心身を壊して夢破れたときのこと

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


心身を壊して夢破れたときのこと

2013/07/08 18:30

1年ちょい前のこと。
毎月前半は忙しいので、休日に出勤して、何やら資料を読んでいました。

それほど難解な文章でもないのに、同じ個所を3度以上も読んでいることに気付きました。



文が頭に入らない。



軽い寝不足はあったかもしれないけれど、風邪をひいているわけでもない。

なんとか読もうとしても時間がかかるし、次の行では前の行のことなんか忘れてしまっている。

この日はもう、どれだけ頑張っても読み切れないし、他の仕事も無理だと思った。



上司に、「・・・というわけで疲れているみたいです。今日は帰って休み、翌日頑張ります」みたいな連絡をしまして帰宅。

熱が39度出ようが、酒を飲もうが、文が読めないなんてことはかつて経験したことがなかったので、体や脳に異常を来たしているんだなと察しました。

案の定、翌日も、その翌日も、頭が働かない日が続きました。



頭が働かないだけでなく、動悸と不整脈まで発症。

だけど内科に行っても異常なし。

といったら、自律神経のバランスが崩れたか、精神的なものでしょう。




買いたたき・人員削減などネガティブな仕事や上司の過剰管理によるモチベーションの低下、家族関係の悪化、元彼とのもつれで生まれて初めてキレたことなどが、8年間積み重ねてきた体の酷使にとどめを刺したようです。

酒びたり・夜更かし漬けの8年間を後悔しました。
それから、もっとストレス発散スキルを高めておけばよかった。
社外でも会社のことをうじうじ考えていたのでしたから。



体を一度壊しちゃったら、憧れていた海外勤務は当分おあずけだろうしと考えると、仕事へのモチベーションがなくなってしまったのでした。
心身ともに強くなければ行かせてもらえない。

そして欲求の代償にこのブログを書き始めた。

今振り返ると、海外勤務への夢敗れたことがきっかけだったとは。


このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。