異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  思想・宗教・倫理 >  将棋のルールが日本的

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


将棋のルールが日本的

2013/04/24 18:30

将棋のような駒を交互に動かして相手の駒を取るゲームは、インドのチャトランガが発祥となって、西洋ではチェス、中国では象棋となったそうな。

その中でも、日本の将棋には唯一オリジナルのあるルールが取り入れられているそうで、びっくり。

それは、相手の駒を取ったら、自分の持ち駒にできるというルール。

このルール、他国の人が聞いたら、びっくりするらしい。
将棋が一番馴染みのある私にとって、びっくりする外国人にびっくりだわ。

確かに、敵の兵士を奪った直後に味方になるって、実際の戦争では考えにくい。
敵は殺されちゃう。



なぜ駒の再利用をする独自ルールができたか、「逆説の日本史〈8〉中世混沌編―室町文化と一揆の謎」で2説述べられていて興味深かった。


駒の再利用が生まれたと言われる戦国時代、戦乱で自分陣営の主君が滅びてしまったら、敵陣営に兵士として再就職する社会だったため。
日本は島国で、同民族同士の争いだから敵陣営の兵士になれたが、大陸だとありえない。
(大内延介九段説)


戦争を象徴するゲームにしたくなかったので、モノポリーのような財産を奪うマネーゲームにしたため。
ゲームに戦争を用いることを避けたかったのは、死を扱うと穢れに触れるため、貴族はそれを嫌がった(ゲームが現実になって誰かが死んだり、祟られたりを恐れた)。
たとえゲームでも、死に触れることはタブーであった。
この穢れを忌避するのが日本的。

将棋は兵士というよりも財産に似ており、その証拠に「玉(王は玉の後にできた)」「金」「銀」「桂(肉桂・シナモン)」「香」という家宝になっている。
「歩」「飛車」「角行」は財産を守る傭兵。
駒が財産なら、相手の財産を奪ったら自分の財産として活用するという発想になる。
(井沢元彦氏説)



現代日本人の死生観は色々で、死にまつわることを忌避する人もいれば、何も感じない人がいる。
私個人的には、古来の考え方を引き継いでいて、人を殺すと祟りが怖いなって思う。
子供のころ、こっくりさんを呼んだり、怪談話に頻繁に触れていたからかもしれない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/04/24 18:30 ] 思想・宗教・倫理 | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。