異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  フィリピン/ルソン島旅行記(2012/5) >  観光案内をしたがる親切過ぎて危険な女性

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


観光案内をしたがる親切過ぎて危険な女性

2012/07/21 12:48

1週間の旅行の中で、どう考えても親切の度が過ぎている人が1人いました。

本当の親切心だったらごめんなさい。

だけど度が過ぎていて危険を感じてしまいました。


2012 GW フィリピン旅行 前回までの記事
1.そうだ、フィリピンに行こう
2.フィリピンでの服装・持ち物
3.マニラ空港到着&両替
4.マニラ→世界遺産バナウエ~part 1~甘かった(泣)
5.マニラ→世界遺産バナウエ~part 2~感謝感激!
6.マニラ→世界遺産バナウエ~part 3~また予定外
7.マニラ→世界遺産バナウエ~part 4~やっと到着。



バナウエ行きの本日最終ジプニーを逃した私は途方に暮れかけていました。
既に夕方5時半で日が暮れかけていました。
夜になると、物騒になって、怖い思いをするのは間違いない。


そこに救世主現る。

「バナウエ行きのジプニーはもうないけど、
 手前にラガウエという街があって、そこまでは行けるみたいよ。
 ホテルも紹介するわ」
と20代前半の小柄な女性が話しかけてくれました。

彼女も私と同じマニラからトゥゲガラオ(Tuguegarao)への高速バスに同乗し、共にバガバッグ(Bagabag)で途中下車した人です。

P1010083

P1010085



ラガウエはガイドブックに載っていない。
ここからは誰かに教えてもらうしかない!
この親切な人に期待してみる方に賭けてみました。



ジプニーに乗り込むと、お互いのことを話し始めました。
彼女は綺麗な英語を話すので、騒々しいジプニーの中でも聴きとりやすかったのもあって、好きになっていきました。
彼女は看護師をしていて、1週間マニラの友達の家に会いに行っていたそうです。




いろいろ話すうちに、
「バナウエに行くの? 案内するわ」
と彼女は言ってきたのです。

彼女の家は隣町のラガウエ。
隣町といっても、片道30分かかるし、往復の100ペソ(200円)は日本人感覚で1000円〜2000円だろう。
今日初めて会った見ず知らずの人のために、1日という時間を費やすのだろうか?
いつの間にか相手のペースに巻き込まれて、犯罪に巻き込まれるのではないか?

不審感が湧きました。




「悪いわ。あなたの大切な1日を私のために使うなんて」
と遠廻しに断ろうとしましたが、
「人のために手助けをすることが好きなの」
と返ってたので、翌朝待ち合わせする約束をしてしまいました。

彼女は看護師という職業イメージがあったので、あながち嘘ではないのかもしれないと思い、苦笑いをしながら同意してしまいました。



「明日、一緒に行動しても大丈夫だろうか?」と考えながら、彼女を観察しているうちに、いつの間にか乗車後2時間経っていました。
ラガウエに着き、その晩のホテルは、問題なく案内しれくれました。
(前回記事のヤモリがいるホテルです!)



部屋に荷物を置いた後、
「食べ物を買える場所を案内するわ」
とトライシクルで惣菜屋さんまで案内してもらいました。

彼女とトライシクルの運転手は親しげに話しているから
「お二人は友達ですか?」
と聞くと
「私はこの街で育ったから友達がこの辺にはたくさんいるわ」
と言うので、彼女のテリトリーの中にいて、私は立場が弱いなと肌で分かりました。

彼女が悪いことをしようと企むと、彼女の思う壺に簡単にはまる・・・




ホテルの部屋に戻ってから悶々と考えていたのは、
「どんな断り文句で翌日の観光案内のお断りをするか」

もし本当の親切心でも傷つけない理由がほしい。
1人で回りたい明確な理由がほしい。



翌朝、待ち合わせより少し早い時間、私を迎えに来た彼女に
「誰のことも気にせず、景色のスケッチがしたいから、1人にさせてください」
と伝え、了解してもらいました。

彼女に同行すれば、ステキなドラマか恐怖のドラマが絶対あったはず。
だけど身包み剥がされても笑えるほど私は強くない!










追記(2012/8/3)

ブログ村の「人生、いろいろ」トーナメントで優勝させてもらいました!
投票してくださった方、どうもありがとうございます☆彡 このエントリーをはてなブックマークに追加


こういう旅先で知り合い親切に触れる、というのは旅の醍醐味ですが、危険から身を守り懐疑的になるのも必要ですよね。

外国だけにこのはざまで悩む気持ちよくわかります。

ポチリ。
[ 2012/07/22 02:38 ] [ 編集 ]
察してくれてありがとうございます!
そうなんです!

どこまで危険とワクワクの境界まで踏み込めるかは個々人の裁量によると思っていますが、私はここで限界でした。

もっと踏み込める方はいるでしょうが、私はここまでで後悔なかったです!
[ 2012/07/22 13:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プラダ バッグ
観光案内をしたがる親切過ぎて危険な女性|異文化に恋してる
[2013/07/10 14:17] プラダ バッグ
プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。