異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  生きやすく >  「年収150万円一家」を読んでみた

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


「年収150万円一家」を読んでみた

2013/04/14 18:30

年収150万円一家 節約生活15年め」を読んでみました。

レビューでは散々書かれていますが、個人的には共感できました。

タオルを1回使っただけじゃ洗濯しない点とか、それが海外旅行で身に付いた点とか一緒!

娘さんの遊びと、私の子供時代の遊びも似てる~。
私も虫を取ったり、工作をよくしていました。
ジェニーちゃん人形の着せ替えよりも、ティッシュで人形を作るほうが好きだったな・・・



レビューで批判されている点について、個人的に思うことを書いてみます。


レビュー >子供が小さいからこそできる節約。お金がかかる年頃になったらどうするの?

高校生になったらバイトできるし、奨学金を借りるという手段もある。

小学校高学年から中学生にかけては・・・
並以上の収入ばかりの地域に住んじゃったら大変だなあ。

私は金持ちばかりの中学校に通っていたけど、どうしてたかな?
庶民的な子と友達になって、学校と家を行き来することで、中学時代を乗り切ったわ。
社交的な性格だったら辛かったかもなあ。

ちょっと多めにお小遣いあげて、洋服・習い事・交際費等を好きなように割り振らせたらいいと思うんだけど、どうだろう。
勉強の必要性が分かっていないのに、無理やり塾に通わせたって、成績が上がるとは思えない・・・
逆に、勉強の必要性が分かっていれば、学校の先生に聞いたり、ネットで質問をしたりして解決できる。
(小中学生を育てたことないから、なんとも言えないけど)


レビュー >海外旅行・ご主人の趣味に使うお金が多い

作家夫妻だから、感性が開くような趣味が必要なんだろうなあ。
特殊な仕事をする人には、特殊なライフスタイルが必要なのかも。


レビュー >税金をろくに納めていないのに、公共のもの利用しまくり

そういう税制(高所得者の所得税率高く、消費税率が低い)なんだから、それに適応している人が出現しても無理がない。
「時間があるのにも関わらず子供を保育所に預けている点」を批判していた人もいるけれど、預かる保育所があるんだから預けちゃうよね。
著者の問題というよりも、行政の問題じゃないかな。

あと、不安定な稼ぎでも作家業をしてくれる人たちが一定数いないと、面白みのない社会になると思う。
不安定という犠牲を背負って社会に娯楽を提供してくれているんだから、ちょっと多めに公共のものを利用していてもいいんじゃないかなあ。


レビュー >娘さんに贅沢させてあげてほしい

まだ小学1年生だし、贅沢どうこうより、仲良い家庭の方が重要な年齢な気がする。

娘さんは工作したり虫を取ったりして、指先動かしたり虫の観察したりする頭使う遊びをしていて、新品の既製品で遊ぶよりも発育上良いと思う。



この森川家の娘さんが高学年になるくらいから、どう乗り切っていくか、楽しみです。
印税がたっぷり入っても、同じライフスタイルを貫いてほしいなあ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/04/14 18:30 ] 生きやすく | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。