異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  きょーいく >  同じ立場なら私も自殺していたかもなあ…

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


同じ立場なら私も自殺していたかもなあ…

2012/07/18 01:15

最近話題の大津のいじめ自殺事件のある記事を読んで思ったのは、私が亡くなられた方と同じ立場だったら、同じように自殺してしまったかもな・・・と。

下記の記事を読んで、そう思いました。

Aくんは仲良しグループの生徒たちからいじめられるようになり、やがて金銭も要求されるようになっていったという。初めは、自分の口座からお金を引き出し、いじめた生徒たちに渡していた。

それを不審に思った父親は、学校の担任教諭に2回にわたって相談した。
だが、結局、その理由はわからず、Aくんを問い詰めても、「ゲームに使った」というのみだった。

次第にAくんの口座も底がつき、今度は、祖父母の家からお金を盗んで渡していたという。

「お父さんはAくんを頭ごなしに怒ってね。“お金を何に使ったんや?”って。
Aくんはただ泣くばかりだったそうですよ」(前出・知人)

盗んだ理由を決して語ろうとはしない息子に対して、父親は祖父母宛てに謝罪の手紙を書かせたという。
そこにはこんな文章が書かれていた。

<おじいちゃん、おばあちゃん、お金を盗ってごめんなさい。僕は悪い友達とは付き合っていません>
NEWS ポストセブン 7月12日(木) から一部抜粋


今となっては仕事でお茶目(やかましい?)キャラで通っていて、旅行とかアートを満喫していますが、昔はけっこう卑屈な子供でした。

高圧的な父の下で育ったので、自由に心を発散させたり、悩みを相談する雰囲気が家庭になかったです。



「いじめられたらいじめかえせ!」とか、風邪をひくだけで「弱い奴だなーははは!!」なんて言われていました。

弱い子供は認めてもらえない。
いじめられたとしても、親に相談する気持ちにはなれなかったです。




>「お父さんはAくんを頭ごなしに怒ってね。“お金を何に使ったんや?”って。

こんな恐ろしい問い詰められ方したら、私だったら本音が吐けないわ・・・




学校に居場所がないだけでなく、家庭でも「盗みをはたらいた子」になって居場所が小さくなってしまうから、どこに行けばいいのか分からない。

過剰なストレスを受けた脳が、苦痛から逃げるために意識をコントロールしなくなって、高いところから飛び降りたり線路に身を投げたりしかねないわ。

もし私なら・・・




子供たちには、だれか最低1人、ありのままを相談できる、知恵と行動力のある大人がいてほしい。



このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/07/18 01:15 ] きょーいく | TB(0) | CM(2)


はじめまして。

tac-phenと申します。

ブログ村からやってきました。

このこの立場になって考えるとあまりにふびんで仕方がありません。

助けを求める人間が一人もいなかっただけでなく、否定され続けたわけですから。

ほんと地獄だったでしょうね。

今の周りの大人達の未だに責任転嫁する態度も許せません。

今までコメントしていなかったのでいきなり自分の意見をと恐縮しましたが思わず書いてしまいました。

私はぶらりと旅に出るのが好きで時間があれば全国各地にいっております。

最近は自転車にハマり折りたたみ小径車をお供にすることもあります。

普段の休日も自転車であちこちにいっては風景やグルメを楽しんでいます。

なお日々の行動や思いをブログに綴ってますのでよかったらご覧ください。

http://tacphen.exblog.jp/

いろいろな方と交流を深め、お互いに刺激を与えあい、情報交換できればと思っています。

ブログランキング参加されているんですね。

私も参加しております。

ポチリしておきますね。

これからもよろしくお願いいたします。

[ 2012/07/19 04:27 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

私たちのように人生を満喫する前に命を絶ったこの子が不憫でならないですよね。

数年の辛抱で、学校からも親からも解放されて自活できうるのに、命がもったいないです。



ところで、tac-phenさんのブログを拝見しました。(ポチっとしときましたよ★)

自転車で全国を回るなんて、パワフルですね!!

バイク派もいれば、自転車派もいて、世界は広いなと。。
それぞれに、全く異なる良さがあるんでしょうね。

自分がしないことをやっている人に関心があるので、ちょこちょこブログを覗きに行きます!
[ 2012/07/19 21:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。