異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  タロット・占術・ユング >  ユングの二面性

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


ユングの二面性

2013/02/09 18:30

昨日、子供の頃に誰にも言わずコソコソ行っていたことを書きましたが、偉大な心理学者のユングも似たようなことをしていたようで親近感が湧きました。
偉大な人と類似点を持てるのはなんか嬉しい。

ユング心理学 (雑学3分間ビジュアル図解シリーズ)」によると、ユングはふだん人前で見せる自分はワンパクで、賢者のように理知的な自分の存在は誰にも明かさなかったそうです。

隠していた人格の一面についての魅力的なエピソードに、自作の小さな人形とライン川で拾ってきた小石を宝物にして、屋根裏部屋に隠し、沈んだときにそれらを眺めていたということがあるそうです。



確かに、子供は理知的な子よりも、ワンパクな子の方が万人ウケするよね。

それに、ワンパクな子が理知的な一面を突如さらけ出すと、「つかみにくい人」として認識されてしまいかねないし・・・。

ユングはそれを察してコントロールしていたのかなあ。

時間ができたらユングの自伝を読んでみよう。



私はいろんな面を持っている人に魅力を感じるが、中には分かりやすい人を好む人もいる。

感覚的には、後者の方が多いのではないかと思っています。



ああ、色んな人の、子供時代にコソコソしていたことを知りたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。