異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  個人的なこと >  子供の頃の隠し事

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


子供の頃の隠し事

2013/02/08 18:30

私は子供の頃、念力の存在を試したことがあります。
小学6年生だったかな。

サイコロ3個を振りながら
「3つ同じ数・・・」
と念じるのです。

確率が1/36より高頻度で出現すれば、念力が効いたとみなしていました。

結果はというと、1/36に近く、ちょっと少ないくらい。

「私はサイコロに好かれていないんだなー」
と思って、この実験をやめたのでした。

1/36よりちょっとでも高ければ
「念力はあるかも」
と思ってのめり込んでいたかもね。



今でこそ堂々と言えますが、当時は周りの人に気味悪がられるのを察して、コソコソ実験をしていました。

今なら
「秘密の趣味を話してみて、共感してくれる人がいたらラッキー」
って思えるのにね。

当時は
「だれも理解してくれないだろう」
と人間不信だったんだわ。



日記を書きながら、人間不信が少し解消されたことに気付けてよかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/02/08 18:30 ] 個人的なこと | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。