異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  イギリスなど旅行記(2009/2) >  モナリザの写真を撮りまくる人々

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


モナリザの写真を撮りまくる人々

2013/02/07 18:30

2009年2月 イギリスなど旅行記 前回までの記事

  1. ロンドンでも格安語学留学
  2. ロンドンでやらかしたこと 1
  3. ロンドンでやらかしたこと 2




イギリス鉄道旅行をするつもりが、鉄道チケットを盗まれたので、急遽パリに向かうことに切り替えた4年前。



パリの町並みを見て思ったのは、

盗まれてくれてありがとう、鉄道チケット

街のあらゆるところに古く豪華な建物が残されていて、視界に入る光景がこんなにも統一感がある場所が、日本にどれだけあるだろうか・・・と思ったのでした。



鉄道チケットだけならず、カメラを盗まれてしまったので、街のちょっと気に入ったところをスケッチし始めました。

フランス03


カメラを紛失していなければ、スケッチすることがなかったかもね・・・
だって、2月だし、寒かったし、時間かかるもん。

カメラがわざわざいなくなってくれたのかもしれないなんて思ったよ。

その場では鉛筆だけで描いて、夜に宿で色を塗りました。



パリといえばルーブル美術館、ということで真っ先に向かいました。

絵もさることながら、建造物の豪華絢爛っぷりに圧倒される。

フランス02


金でできている部分を黄色で塗ってみました。
豪華さが表現できなくて、ごめんなさい。。



フランス04


この廊下、とてつもなく長いんです。
今思うと、もっと長く見えるように描けばよかった。
これも経験ですね。



フランス01


モナリザの部屋へ。
モナリザに人が集まりすぎるせいか、モナリザの周りに絵がなかったのです。

モナリザ、想像していたより小さかったな。
小さいのに、世界中の人々を魅了するなんて、尚更すごい絵だ。

それにしても、こぞってフラッシュをたいて写真を撮りまくっていることに驚いた。
一応警備員は「NO!NO!」みたいなこと言っているけれど、みんな撮るのを止めない。

このモナリザの絵は本物じゃないから、本気でフラッシュ禁止の措置を取らないのかな、なんて思ったり。



それにしても、水彩画って難しい。

思うがままににじんでくれないし、塗り直しできないから配色が悪くなりがちだし・・・

鉛筆画のままにしておけばよかった・・・

もっと日本で練習してから挑めばよかったなあ。



このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。