異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  ぼらんてぃあ >  弱者救済 ≠ 清貧

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


弱者救済 ≠ 清貧

2013/02/04 18:30

NPOなどで働く弱者救済を志として働く人たちに、清貧を求めている風潮がないでしょうか。
(ここで「社会貢献」と書かず、「弱者救済」と書くのは、大抵の職業は社会貢献になっているからです)

少なくとも、私の脳内では、弱者救済と清貧が寄り添い合って切り離しにくいです。

「障害者のため、難民のため、絶滅危惧種のために身を捧げる者たるもの、清貧であれ」
みたいな思想が脳にべったりくっついているんです。

他の人はどうなんだろう。



ところが、逆の考え方を教えてくれた人がいて、上記の先入観を中和してくれたのです。

その考え方とは、
「自分の富や時間を使って赤の他人に尽くしているんだから、その人こそ贅沢したら良い」

この考え方には目ウロコでした。



色んな考え方の人がいるもんだ。



考え方が中和された今では、志の高い人ほど贅沢な経験も必要なんじゃないかなと思っている。

貢献事業をするためには資金が必要。
多少の贅沢をして、資本主義社会の下で必要とされている、つまりお金を産み出しうることを肌で感じることも必要だと思う。

それ以前に、その贅沢なサービスに支払うことによって、生計を立てている人たちに貢献していることにもなるしねえ。




このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/02/04 18:30 ] ぼらんてぃあ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。