異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  個人的なこと >  絵を描く動機

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


絵を描く動機

2013/02/01 18:30

「どんな絵を描きますか?」
と聞かれて、困ってしまうことがあります。

聞いている方は、会話のつなぎのため、もしくは関心が湧いて、何気なく聞いていると思う。

でも答える私としては、けっこう困ってしまうのです。



画材としては、油彩、水彩、日本画、アクリル、パステル、クレヨン、色鉛筆、マーカーなど。
それらを混ぜることもあるし、一時期はコーヒーのカスを使っていたこともある。

描いてきた絶対数が少なすぎてスタイルが決まっていないのか、それとも多用するのが好きなタイプなのか、未知。
おそらく後者だと思う。
それぞれの良さがあるから、1つの画材に絞ってしまうなんて無茶だあ。



主に描く絵のテーマを語る前に、描くに至る動機を分類する必要があるなと思ったので、、動機を分解してみることにしました。



1.発散のため

ストレスをぶちまけるために人に愚痴ったり、物に八つ当たりしたりするでしょう。
体に溜まっているものを吐き出したい欲求。

もしくは、何かが頭に浮かんでしまって、紙に描き出さないと満足できない衝動。
せっかく浮かんだことを忘れてしまうのが怖くて、紙に吐き出します。

「冬の寒さにイラッ」とした時に書いた下記のが「発散」の例です。





2.訴求のため

人に伝えたいことを、文章の代わりに絵にすることがあります。

「発散のため」に描いたものでも、他者にも通じる普遍性を感じたら、訴求目的に変わることもあります。

例えば、チベット人が置かれている惨状について訴えになればと思って書いたのがこの「焼身」です。





3.人が欲しがるもの

金銭などの見返りを求め、相手の欲しそうなものを探っています。

生きていく上ではやむを得ないです。

「発散」「訴求」を目的とした制作物が多くの人に受け入れられていくのが、多くの美術家の望みなんだろうね。



うまく1・2・3が合致すると、「描くテーマ」を聞かれた時に迷わないんだろうけれど、そうじゃないなら「2.訴求したいこと」を伝えるのが妥当なんだろうね。。





このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/02/01 18:30 ] 個人的なこと | TB(0) | CM(2)


言葉、なし…
あまりにうま過ぎて。

冬、夏
お見事です。
発想もそうだけど、字のバランスと毛筆の美しさを見事に表現されてて。
やっぱり感性というか、持って生まれた才能ですよね。
[ 2013/02/01 21:07 ] [ 編集 ]
>cherry 様
お褒めのお言葉ありがとうございます。

もし才能が眠っているとしたら、表現の自由がある国にいるのだから、開花させないと罪ですね・・・

個人的には、漢字を発展させた古代中国人の誰かが、「夏冬」を見て天国で笑ってくれていたら嬉しいです。
[ 2013/02/02 11:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。