異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  汚部屋族 >  しつけじゃ直らない汚部屋族

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


しつけじゃ直らない汚部屋族

2012/12/30 18:30

大掃除で片付けたのに、早くも汚部屋化し始めていることに気付きました。

K0020126 (2)


何が悪いかって、使ったものを元の位置に戻す習慣がないのです。

何故習慣がないのか、どうしたら習慣付くかを掘り下げるのは、またの機会にします。



家とか机の中が汚いのは昔からで、親にも再三注意されてきました。

人生がときめく片づけの魔法」のこんまりさんはすごいですね。
5才の頃から片付けに関心を示していたなんて。
私が5才の頃なんて、叱られ叱られ、やっと玩具を箱に収めていましたよ。

そのうち、いろいろ言われるのが嫌になっちゃって、あえて実家から遠い大学を受験して、進学のフリをして家出をしました。

だから、部屋が汚いのは親の躾のせいじゃないです。
親は私になんとか掃除させようとしていたけれど、身につかなかったんです。



掃除する習慣がないのは、掃除をしなくても困らないのが原因なんだと思います。

会社の机の上は、そこそこ見れる程度に綺麗です。
一番汚いグループには入らないようにしています。

なぜかというと、若手のくせに机が汚いと、印象が悪いからです。
つまり、困るから、キレイにする。

また、大学寮に住んでいましたが、共有スペースは綺麗に使っていました。
(もちろん、個室は滅茶苦茶)
「あの人汚す」と陰口を叩かれるのが面倒くさいから。



子供の悪癖に悩んでいる親っていっぱいいると思うけれど、親と子供では全く興味関心や気質が違う場合があるから、仕方ないと思うんです。

想像だけれど、進化の過程で、同じ共同体に違う気質の人が生まれないとその共同体は発展しないから、違う気質の人間が生まれてくると思うんです。
それが、共同体の人の目には悪癖に映るんだろうけれど。
度が過ぎていて、病気のこともあるんだろうけれど。

だから、悪癖を持つ人に出会っても、「親の顔」は思い浮かべないようにしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/12/30 18:30 ] 汚部屋族 | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。