異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  color >  色相を明度の数値で統一するなんてムリ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


色相を明度の数値で統一するなんてムリ

2012/12/18 18:30

以前、Lab色空間方式で色相を彩度と明度双方の数値を合わせてみると、色相が不調和してしまいました(2012/12/15)。

50歩譲って、明度だけをLab色空間方式で合わせてみると・・・

明度黄軸青軸赤軸緑軸
10221b00001d4348001d00271a
20393000003264660032003c2f
30514609004a9e8c0049005745
406c5d110062b9bf006200735c
508876133b7a9cee007b009275
60a68f006b93d5f7509400ac8e
70c5a9008fade5fe83ae1bc1a9
80e4c400b3c8f3ffadc881d6c5
90ffe000d7e3ffffd4e3bcede2


フォトショップの機能を使って並べてみたのですが、これまた不調和。

横の行毎に見ると(主観ですが)
  • 明度20は、まあ綺麗
    だけど、黄だけは明度30と組み合わせるのがいいかな
  • 緑の明度70と赤の明度50が鮮やかすぎて飛び出て見える
  • 青は明度低め、黄は明度高めを組み合わせなければ不調和


Lab色空間の基準で配色しようとするとき、明度の数値を機械的に用いるのは無理っぽいですね。



でも、Lab色空間の色相の基準は好きなんです。

黄色の補色を扱うとき、

RGPでは  黄色紫色
PCCSでは 黄色青紫色
Labでは  黄色青色

ベーシックカラー「黄色」の補色を、大多数の民族が認識している同じく超ベーシックカラー「青色」としている発想が好き。


また、ぼちぼち、機械的に色を並べてみます。





このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/12/18 18:30 ] color | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。