異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  個人的なこと >  日本人として思われたくないからムスリムの真似をしようとしたが、

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


日本人として思われたくないからムスリムの真似をしようとしたが、

2012/07/12 08:14

来月はインドに行きます!

トラブルの多い国だから対策をしなきゃ。

「日本人=金持ち」のイメージを払拭するために、頭にスカーフを巻いてムスリムの真似をしたらどうかしらと浮かびました。





南アジア事情に詳しいお兄さんに尋ねてみたところ

「やめた方がいいよ。
 ムスリムに同胞だと思われてナンパされる確率上がるよ~
 彼らは積極的に口説く人が多いからなあ。
 
 あと、もしムスリムじゃないとバレたとき
 『馬鹿にしてるのか!』なんて反感買うよ」


ということです。。
インドではイスラム教人口が13%
比較的少数なので、同胞だと思われて話しかけられそうね。




安直な発想に反省しました(><)
せいぜい、質素な服を身にまとって、露骨にお金持ちっぷりを表現しないくらいにします。




お兄さんいわく、見た目も大切だけど、「NO!」の意思表示できることが重要なんだとさ。

「日本人は現地の人に話しかけられたら、
 気を使って一言返したりして相手にしがちだけど、
 おすすめしない。

 ナンパ師とか物乞いとかに声をかえられるけど、
 相手にしたくなければ、無視していい。
 いったん相手してしまうと、付きまとわれるからね。

 あまりにしつこかったら、周りの欧米人観光客に
 "EXCUSE ME!" と助けを求めたらいいよ」





数多の貧する人々から「お金を求める」手を差し出される光景が目に浮かびます。

そういえば、アルバニアのことだったかな。
一度物乞いの子供とコミュニケーションを取ってしまったばっかりに、何百メートル周りをうろうろされたことがあるわ。
想像を絶する粘り強さに驚きました。



子供に物乞いを生業とさせるため、いかにも憐れに見える風貌にするために、手足を切断したり、目を潰してしまう親がいる国。
「この子の未来には物乞いという仕事しかないから」という愛情で、我が子の体に傷をつけてしまう人もいれば、家族が食べるためにという人もいるでしょう。


手足がない人々、目が潰れた人々を無視する勇気。





インドの「闘う」仏教徒たち―改宗不可触民と亡命チベット人の苦難と現在 (ブックレット アジアを学ぼう)
発祥地にもかかわらず1%に満たないインドの仏教徒たち。多元社会で、カースト制度や差別からの解放、チベット独立に向けて活動する人々の実像を追う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/07/12 08:14 ] 個人的なこと | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。