異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  まつりごと >  文化保全が大切なら国が富まなきゃ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


文化保全が大切なら国が富まなきゃ

2012/11/26 18:30

昨日に引き続き、Googleマップで小樽に行ってみました。
昨日のソウルと比較的歴史の浅い北海道の景観を比較するためです。

小樽運河2

100数十年でも十分美しい文化を感じさせられる街並みになることを実感。

望むアングルから見られないGoogleマップで散歩するだけでも、美しさが伝わってきます!

小樽大正硝子2

人力車画像ゲット!

小樽人力車

本州の古い街などと比べたら見劣りするけれど、100数十年でも保全に力を入れていれば、街並みに趣きが出てくるんだなと感じます。

韓国は、日本の仏像や経典を集めるのに走るんじゃなく、歴史が浅いけれど観光名所として成り立っている小樽を参考にすればいいのに・・・

子子孫孫のために数十年の歴史醸成を待つよりも、今すぐにほしいんだろうなあ。
数十年待てる余裕があるということは、日本人は文化コンプレックスがないということなんだろうなあ。

コンプレックスは強ければ強いほど焦りが出て「今すぐ」を求めるから。



保存する価値のある建築物を造成、そして実際に保存していく意志があったんだろうね・・・

これを今の日本人も受け継いでいけるのかな。

国が貧しくなってしまったら、保存できないだろうな。
建物の保全費用も馬鹿にならないし、伝統工芸品も金銭と美的センスのある富裕層が厚くないと買い支えることができないから。
国の文化を誇りに思い、継承を望むなら、国は富んでいなきゃいけないっていう結論に至っちゃう。

怠け者の私が他人本位なこと言ってみる。



このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/11/26 18:30 ] まつりごと | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。