異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  すげえよ外国 >  ソウルに行ってみた(Googleマップで)

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


ソウルに行ってみた(Googleマップで)

2012/11/25 18:30

韓国は近いのにも関わらず、行ったことがないどころか観光情報も調べたことがなかったので、ソウルには何があるのかチェックしてみました。

チェックを放置していた理由は、なんとなく「観光名所が少なそう」だからです。
ソウルとか釜山という地名は知っていても、そこにどんな素晴らしいものがあるか、耳に入ってこないから、興味を持たなかったのです。

よく聞くソウルの話題と言えば、食事、ショッピング、美容、韓ドラの名所くらい。

食事→ 日本で食べればいいや~
ショッピング→ 日本でも手に入りそう
美容→ 日本でもできる
韓ドラ名所→ 韓ドラ観てない

観光は文化遺産・自然遺産があってこそ行く気になるのであって、食事やショッピングは私にとってオマケに過ぎないんです。
日本は恐ろしほど、あらゆる国の美味しい料理が簡単に食べられるなあと思います。



HISのサイトにソウル見どころMAPというものがありました。

sel_map_l_20121125150640.jpg

  • A 江南: 日本で言えば六本木のようなエリア
  • B 梨泰院: 異国情緒溢れるソウルのグローバルシティ
  • C 東大門: 韓国ファッションの流行の最先端
  • D 九老: 新しいショッピングモールなどが建ち並ぶ
  • E 明洞: 買い物・観光に便利で一番人気
  • F 仁寺洞: 異国情緒溢れるソウルのグローバルシティ
  • G 南大門: 5,400ものお店が集まる韓国最大の市場
  • H 新村・梨大: 地元の若者が集まる華やかなエリア
  • I 弘大: 国境を越えた自由な若者の街
  • J 狎鴎亭洞・清潭洞: 地元の若者が集まる華やかなエリア

「異国風」と「ショッピング」がメインなんですね・・・

そんなソウルが韓国で一番人気の観光都市だから、文化遺産は韓国総じて、日本の1県並みしかないんだろうなあ・・・
日本の文化財を買ったり盗んだりしたい気も分からんでもない(善くはないけど、そこまで追い詰められているんだろうなあ)。

でも、南大門の5,400ものお店ってすごいね。
うちの近所のイオンは専門店が約50店だから、イオン100個分の専門店が1エリアに集中しているってことよね!
これはすごい!

それにしても、HISの社員さんはよくぞこのマップ&文言を作り上げたなあって感心するわあ。
文言を読まなければ、ソウルすごそうだもん。
※唯一気になるのは、梨泰院仁寺洞が同じ「異国情緒溢れるソウルのグローバルシティ」だけど、これはメッセージ性の強いジョークの一種でしょう。


面白い景観を探そうとして、Googleマップで散歩してみました。
私の力不足か、画像として保存したい景観がなかったです・・・

きっと、わき道に行かないと面白くないんだろうなあ。


面白いと思ったのは、高層マンションの規模が平面的に広大なこと。
似た風貌の高層ビルが連なっています。

24-17 Haan 2(i)-dong Gwangmyeong-si Gyeonggi-do

これ、立派だけれど、日本人なら住みたいと思わない気がする・・・
どうでしょう?

住居に個性を求めるからなのと、個性に応じられるだけの建築デザイナーと施工業者があるんだろうなあ。



ロシアとか旧ユーゴスラビア諸国に行った時に
「近現代に建てられた大規模住居は、似たようなデザインのものばかりだなあ」
って思ったけど、ソウルも同じ印象です。

違うところは、ソウルの高層ビルのデザインは華やかで、共産圏は素朴なところです。

でも似た建造物がずらーーーってのは同じ。



経済構造は違うけれど、需給パワーバランスは似ていたのかも(よく調べていないから断定はできないけれど)。

日本の大都市: 需要<供給
共産圏: 需要>供給
ソウル: 需要>供給

建てれば売れるというバランスだったら、デザインとか機能とか凝らないよね。

想像だけど、韓国は職人軽視の文化みたいだから、一流の施行者が育ちにくいんじゃないかな。
「揺れても無いのに自然崩壊。韓国」という珍事も起きてるし・・・




郊外に行っていると、

13 Sinchonbuk-ro (29-8 Soha-dong) Gwangmyeong-si Gyeonggi-do

Father MartというFamily Martにソックリなデザインのコンビニがありました。

ファミマと勘違いして入る人がいるのだろうか・・・?
そうじゃなければ、何故こんなデザインにするんだろう?
オリジナリティのあるデザインにしたいと思わないのかな?

不思議で興味深いです。


hon74.jp
韓国人がタブーにする韓国経済の真実
「日本企業はサムスン、LGを見習え」なんて大ウソ。ごまかしだらけの経済・社会・文化―韓国を熟知した経済通と歴史通が「韓流」を斬る。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/11/25 18:30 ] すげえよ外国 | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。