異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  生きやすく >  私にはニートの才能がありそうだ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


私にはニートの才能がありそうだ

2012/11/23 18:30

書店で見かけた、ニートphaさんの本。





こういう生き方もあるんだなーと再考。


帰宅後、phaさんのブログを覗いてみると、「無職の才能」という記事を見つけました。

「私にも才能があるかなあ」
と思って読んでみることに・・・



そもそも無職に向いていないのは、
  • 街に出て飲み会とかするのが好きな人
  • 買い物が好きな人
  • ギャンブルに走ってしまう人

だそうです。
つまり、お金のかかる趣味のある人。

私の場合、昔は飲み会が大好きでした。
飲み会に誘われると、ほいほいついて行きました。

けれども東京から名古屋に転勤してきて、東京時代の友達とも離れてしまい、飲み会に行く習慣がなくなり、お酒もめっきり弱くなってしまったのです。
今は(というよりも元々?)お茶しながらじっくり話す方が好きです。

お金のかかる趣味に旅行が該当してしまうかもしれないけれど、安いシーズンを押さえて、海外でニートをすれば条件をクリアするかもしれないですね。



無職に強い条件はというと、
インターネットやゲームや本が好きな人はそんなにお金がなくても幸せに暮らせる。

何かちょっと物を作ったりすることを楽しみにできる人は貧乏に強い。
創作は消費ほどお金がかからないし、作ったものがお金に変わることもときどきあったりする。


これ、もろ該当。

読みたい本やサイトもたくさんあるし、創作系の趣味が豊富でやりきれないんです。

創作系の趣味のない人から
「一日中家にいて、人にも会わず、暇じゃない?」
と聞かれることがあるけれど、全く暇を感じないんです。

むしろ、描きたい絵、書きたい書、作りたいサイト、歌いたい歌、作りたい料理、作りたいファッション雑貨に溢れていて、時間が足りないんです。



消費意欲を押さえて、最小限のストレスと時間で生きられる仕事を見つけられれば、私はニートになれそうですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/11/23 18:30 ] 生きやすく | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。