異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  人の営み >  こんな自慢話なら聞いてもいい

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


こんな自慢話なら聞いてもいい

2012/11/24 18:30

私はあんまり心が広くないので、ぶっちゃけ人の自慢話を聞くのが好きじゃないんです。

聞いてもいいのは、仕事の時くらいかな。
まあ、自慢話を聞くのも仕事のうちか・・・って割り切れるから。

プライベートまで自慢話を聞くと疲れちゃう。



自慢話が多い人とは会わなくなっちゃったし、Facebookもそういう人のは非表示にしています。

自慢したい人は、ブログに退避して、更新情報だけアップしてくれればいいのにーなんて思います。
ブログは見る見ないの自由があるけど、Facebookは嫌でも視界に入っちゃうからねえ。

みんな、人様の自慢ネタを見て、気分を害さないものなのかしら?
みんな、聖人だわ。



言葉の威力ってすごいね。
存在そのものが自慢みたいな人でも、自慢話をしないなら反感感情が湧かないのに、それが言葉になったとたん反発しちゃう。
自慢話そのものじゃなくて、自慢話をしようとする精神が受け付けないんだろうね。



こんな自慢話なら聞いてもいいかな~
という私の臨界線を挙げてみます。

◆ノウハウとセットの自慢話 (知恵)

私でもそれができる方法を伝授してくれるホスピタリティがあればお聞きしたいです。

私が資質的にできなさそうなら、代案を一緒に考えてくれるなら有難いですね。

モテ本の著者がモテモテでも反感を買わないのは、モテるスキルを存分に提供してくれているからじゃないかなあ。



◆笑いとセットの自慢話 (快楽)

笑えるくらいの快感をくれるならいいねえ。

自慢話に至るまでにやったおバカなこともセットなら聞いてみたいです。

富も子宝も手に入れた辻ちゃんが私は好きですが、痛々しい面もあって笑いをくれるから好きです。
妊娠しているのに髪染めたりして大丈夫なの!?? っていうようなツッコミどころ満載なのがいいね。


◆苦行話とセットの自慢話 (同情)

そこまで頑張ったなら、成果が出て良かったね!
って祝福モードになれるように話を組み立ててほしい・・・



ところで、【なぜこんなに生きにくいのか】という南直哉氏という禅僧の本に、「自慢話はもっとも浅はかな行為」という項があるので、どうやら不快に感じるのは私だけじゃないみたいですね。

抜粋してみます。
小学生の頃、父親に言われたこと・・・

人に自慢話だけはするな。
そんな話は、誰が聞いたって絶対におもしろくないぞ。
おまえがうまくいった話、良かった話、得した話など、誰もおもしろがらない。

面白いのは失敗した話、困った話、恥をかいた話だ。
そういうのはいっぱいあるだろう。
これは財産だ。

自慢話をするにしても、それは全部笑い話にして言いなさい。
そうすれば人は聞いてくれる。


自慢話を笑い話に変えるって、すごいスキルを要するなあ。

スキルというよりも、「笑いに変える努力」というホスピタリティの方が大切なんだろうなあ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/11/24 18:30 ] 人の営み | TB(0) | CM(3)


お父さんって素敵な方なんですね。
もっとお父さんネタを聞きたいです。

時々、自慢話も全然自慢に聞こえない人っていますよね。
素敵な方だなーって思います。
きっとお父様もそんな方なのでは?
[ 2012/11/25 21:52 ] [ 編集 ]
>cherry 様
残念なことに、私のパパは、参考本のお坊さんのお父さんの逆を行ってるんです・・・

逆に、母からは「他人の不幸は蜜の味」という言葉を教わりました。


夫婦の会話は、
母「パパ、外で自慢しちゃダメよ」
父「うるせー! だまってろ!」
このように爆発します(^_^;)


ちなみに私もしっかり父の遺伝子を引き継ぎ、怒りっぽい気質で、怒りが湧くたびに我ながら嫌だなあと思っています(^_^;)
[ 2012/11/25 23:34 ] [ 編集 ]
補足
こんな悶々とした日記を毎日毎日書けるのも、父と母の言動が矛盾していて、悶々と子供時代を過ごしたからかもしれないですね。

両親に感謝ですね。
[ 2012/11/25 23:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。