異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  すげえよ外国 >  不味いお菓子大国 中国VSアメリカ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


不味いお菓子大国 中国VSアメリカ

2012/11/02 18:30

私の職場には海外営業&海外工場管理をする人がいるので、自然と海外のお土産が集まって楽しめています。


中国
インド
インドネシア
フィリピン
ベルギー
アメリカ

  ・・・など



お土産は美味しく食べられるのが嬉しいけど、中には不味いものもあって、それはそれで盛り上がるから良いことです。



大多数が「まずい!」って言ったのが、中国のチョコレートとアメリカのグミ。

あのまずさを例えるのは難しいけど・・・

中国のチョコレートは、見た目は普通なんだけど、セメントを食べているかのような感じ。
道路工事中の化学的な臭いが口に残り続けて、コーヒーでひたらすら誤魔化すしかなかったです。

アメリカのグミは生き血のように真っ赤で、ゴムチューブにイチゴの香りをつけているかのような味・・・




私は喉を通らなかったので、口から出して捨てました。
食べ物を吐くのはもったいないと思うけど、この2つは食べ物だと思えなかった・・・

味覚は人それぞれで、私のように喉を通らない人もいれば、不味いけど飲みこめる人、2人だけだけど「美味しい」と言う人も!



結局この2人に食べてもらいました。

この2人、体型も性格も年齢も育った環境も全然違うのに、「何でも美味しい」という点だけ一致して驚いた!

みんな同じ行動をしたら種は滅亡しやすくなるから、進化の過程でいろんな味覚が出来上がっていったんだろうなあと、人類全体に感心してしまいました。



何でも食べられると生き残りやすそうだけど、その局面局面で変わっていくんじゃないかなあ。

というのも、「1000人になった人類」という本は、核戦争によって人類が1000人だけになっちゃった物語があって、

  

確か、核汚染された水を全く飲まなかった人は水分不足で死に、気にせずにがぼがぼ飲んだ人も体内汚染で死んじゃっているのです。

まあ、フィクションだけど、説得力あるよね。
中国のチョコも米国のグミも、有害物質が入っていると思うから。。



この驚異的な2つの軍事大国で市販されているお菓子が、吐いちゃうくらい不味いっていう共通点が不思議だわ。

低コストのものを大量生産することに専念し、国民の健康を犠牲にすることを厭わない非道さがあるから、世界を怯えさせる大国になれるのかしら。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/11/02 18:30 ] すげえよ外国 | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。