異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  インド/デリー旅行記(2012/8) >  インドの都市で路頭に迷ったら「日本料理屋」で働けそう

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


インドの都市で路頭に迷ったら「日本料理屋」で働けそう

2012/10/19 18:30

デリーにいたので、本来ならインド料理を食べればいいのですが、
「デリーで食べられる日本食ってどれくらいのレベルなんだろう?」
と思いついたので、日本食レストランに入ってみました。

P1030045

インドの中上流層がお買い物をするコンノート・プレースにある、“ZEN”という中華・日本・タイ料理レストランに入りました。

2012年8月 インド/デリー旅行記 前回までの記事
  1. ムスリムのお祭で安宿満室!
  2. デリーの中級ホテルでちょっとセクハラを受けました
  3. パスポートを見知らぬ場所に置き忘れた。
  4. 取り戻したパスポートの代償
  5. 同じ旅行会社でも、各々言うことが違うインド人
  6. 高級ホテル「インペリアル」~まるで美術館
  7. 高級ホテル「インペリアル」~レストランで笑えた
  8. インドでアトピー患者を見かけなかったなあ



店内はきれい。
店員さんもきちっとしている。

P1030039

お金持ちそうな現地の方がデートをしています。

エアコンもあるので、わりとハイクラスなレストランなのでしょう。



メニューは豊富。
これ以外にも日本食がありました。

P1030038

とりあえず
YAKI UDON(焼きうどん)とSHICHIMI UDON NOODLE(七味うどん麺?)を注文してみました。



出てきた「焼きうどん」は、コレ。

P1030041

パプリカは日本の焼きうどんにはそうそう入っていないけど、美味しくいただきました。



で、「七味うどん麺」はというと、上記の「焼きうどん」に七味のようなスパイスがたくさん使われているような感じでした。



えーー!??
「焼き」のつかない「うどん」は出汁の効いたスープに浸されたうどんのことでしょ!??

しかも、食べてみると、辛いだけならまだしも、「焦げ」の味がするし・・・





不満げな顔をしていると、ウェイターさんがテーブルにやって来て、尋ねてきました。

「何か問題がありましたか?」


彼はすごく真摯な表情だったので、
・焦げの味がした点
・日本人が言う「うどん」はスープがあるうどん
ということを説明しました。


おそらく、このレストランには日本料理を一通り食べたことがある人がいなく、レシピを見ながら試行錯誤で作っているんだろうなーと思いました。


日本料理を出している手前、日本人の意見って貴重なんだろうなあ。

「厨房で日本料理を担当します!」
って言ったら、採用されるかもね。


ただ、技能伝承できるかどうかは謎。
子供の頃から日本料理に親しんでいないと、出汁の風味の良し悪しのような日本料理の肝が分からないんじゃないかしら。



コクと旨味の秘密 (新潮新書)
、「コク」とは一体何だろうか。ある時はネズミが好きなビールはモルツかドライかを実験し、ある時は牧場のミルクがなぜ旨いかを考え、またある時は赤ワインに醤油を垂らすという「コクの裏技」に唸る。科学者の目で縦横無尽に美味しさの世界を探ることで、ついに見えてきた「コク」の構造とは――。

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。