異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  きょーいく >  子供のIQ向上教育のデメリット

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


子供のIQ向上教育のデメリット

2012/07/05 22:35

「子供のIQが伸びる英才コース」
なんていう広告を見かけました。

一般的には、IQが高くて頭がいいに越したことはないんだろうど、子どものIQが上がると悲劇もあるから、懐疑的なんだよね。



そもそもIQって脳のどんな要素を測るんだ??

例えば成人向けの一般的な検査では、ウェクスラー成人知能検査っていうのがあるね。
下記の大分類2、小分類14の構成でなっているみたい。
(参考はwikipedia)

●言語性検査●
1.知識  
 文化によって獲得した一般知識の程度。(例「ビクトリアの長は誰ですか?」) 
2.理解 
 抽象的な社会慣習、規則、経験を扱う能力。(例「一石二鳥という諺はどのような意味ですか?」) 
3.算数 
 数学問題を暗算する集中力。(例「1ドルで45セント切手を何枚買えますか?」)
4.類似 
 抽象言語理解。(例「りんごと梨はどのようなところが似ていますか?」) 
5.単語 
 学習や理解の程度、および語彙の言語表現力。(例「ギターとは何ですか?」) 
6.数唱 
 注意・集中。(順唱例「1-2-3」、逆唱例「3-2-1」) 
7.語音整列 
 注意と作動記憶。 

●動作性検査●
8.絵画完成 
 視覚的細部を素早く感知する能力。 
9.符号 
 視覚的-運動協応、運動と心のスピード。 
10.積木模様 
 空間認知、視覚的抽象処理、問題解決力。 
11.行列推理 
 非言語的抽象課題解決力、帰納的推理、空間推理。 
12.絵画配列 
 論理/逐次的推理、社会見識。 
13.記号探し 
 視覚認知、スピード。 
14.組合せ 
 視覚分析、統合、組み立て。 




親御さんは
「子供が賢くなって、将来職に困らず、たくさん稼いで苦労しないように・・・」
なんて子供の幸せを願うんだろうね・・・

(と祈る。
 間違えても
 「うちの賢い子を自慢したい」
 なんて邪心じゃないことを・・・)




だけどさ、知能指数が高くなりすぎて、親とだいぶ乖離してしまったら悲劇が起こると思うんだ。

例えば12歳の子供が、親より知識豊富になってしまったら、親の教養レベルが低く感じて、話していてつまらなくなっちゃう。

親よりはるかに高い語彙レベルを習得してしまったら、会話時にいちいち親が分かるレベルの言葉を選ばねばならないようになるから、親と話すのが億劫になっちゃう。

6歳の子供が成人並みの問題解決思考力をつけてしまったら、その子が抱える問題を親に聞いたりしなくなる。
(金銭的な相談は子供が稼ぎにくい環境にいる以上免れなさそうだけど、人間関係みたいな子供が自力で解決できうる相談をされないのは寂しい気がする)

論理的な人は非論理的な人と話すと疲れるみたいだから、親が論理的に劣ると子供が「親に説明すると疲れるし、すぐに感情的になるから対処に苦労する」と話してくれなくなるんじゃないかな。




子供が知能的に優れているだけではなく、人格的にも優れていれば、
「お金と手間ひまをかけて可愛がってくれる、かけがえのない人だから、親孝行のためにたくさん話そう」
と判断するんだろうけどね。


知識が豊富になれば、それに派生したもっと深い知識が欲しくなるだろうから、知識の少ない親と話すより、本とかより知識豊富な人と接して知識の習得に時間を注ぐと思う。

問題解決力が高ければ、周りの人に頼りにされるし、自分の能力を活かしたくなるから、会社とか社会問題の解決に注力すると思う。
家庭を顧みず、仕事に没頭。
人格が高ければ尚そうだろうし、金銭欲、出世欲が働いても、大きな問題に向けて取り組みたいから家族より大きな問題に取り組むコミュニティの方に目が向いちゃう。



親子のIQの乖離は、親子の関係の乖離になると思います!

「子供とは友達親子になりたい♪」
って人には、子供のIQ伸ばしまくりはオススメできないです!




追記(2012/7/16)

三浦朱門氏(元、教育課程審議会会長)の興味深い発言を見つけました。
トップになる人間が幸福とは限りませんよ。
私が子供の頃、隣の隣に中央官庁の局長が住んでいた。
その母親は魚の行商をしていた人で、よくグチをこぼしていたのを覚えています。
息子を大学なんかやるもんじゃない。
お陰で生活が離れてしまった。
行商も辞めさせられて、全然楽しくない、魚屋をやらせておけばよかったと。


耳が痛い・・・


hon22.jpg
母がしんどい
「親との一緒に居るのが息苦しい。でも決別するには罪悪感がある」 そんなあなたにこそ読んでもらいたい、毒親との戦いを記録したコミックエッセイです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/07/05 22:35 ] きょーいく | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。