異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  インド/ダラムサラ旅行記(2012/8) >  ダラムサラのインフラ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


ダラムサラのインフラ

2012/10/16 18:30

ダラムサラのインフラ事情は、札幌・東京・名古屋しか住んだことのない都会っ子の私にとってびっくりだらけでしたので、記念にまとめることにしました。


2012年8月 インド/ダラムサラ旅行記 前回までの記事
  1. インド(ダラムサラ)行きの経緯
  2. 焼身自殺しか抗議する方法がないんです(チベット民族)
  3. チベット難民と話すなら最低限この英単語を
  4. 記入するだけで面白いインドビザ~オンライン申請ハイライト
  5. 記入するだけで面白いインドビザ~性別欄と宗教欄の特殊性
  6. 中国東方航空/上海空港の努力/会員制ラウンジ
  7. 中国人ビジネスマンから聞いた印中経済関係と中国での信仰
  8. デリー到着。国内便ストライキで欠航!
  9. チケットを持たず夜行バスに乗車(笑) 霧の中ダラムサラへ
  10. 警戒させて、ごめんなさい
  11. デリーで見なかったお牛様に遭遇
  12. チベット寺院~美しき文化遺産マニ石
  13. チベット寺院~犬もいるのにピカピカ
  14. 雨季で4日間太陽を見なかったです
  15. 拷問する側の心境は?
  16. 物価上昇で困惑のダラムサラ
  17. チベット難民の英語教室訪問
  18. 「ウイルスは殺しちゃいけない」byチベット僧
  19. 「ウイルスは殺しちゃいけない」byチベット僧2人目


電気

想定の範囲内ですが、停電しました。
(懐中電灯を持参していきました)

だいたい毎日停電。
英語教室のスタッフは慣れた手つきでロウソクに火を灯していました。

P1020127



水道(上水道)

むき出しの細いパイプ。

何かと思ったら上水道でした。

P1020143



水道管が破裂してるし!!!

P1020142

むき出しだから破裂しやすくなるわけではない気がします。
パイプの材質もそんなにいいものを使っているとは限らないからねえ。

補修の容易さを考慮すると、むき出しの方がいいんだろうねえ。



池で水浴びをする人々。

P1020303

シャワー代わりかな?
この日の気温は20度くらいだったから「暑いから浴びている」わけではないと思うよー。

シャンプーに入っている合成界面活性剤みたいな分解されにくい物質を使わないとしたら、エコだなあ・・・

P1020306



ゴミ

一応、一か所に集められているゴミ。

分別はされていなけど。

P1010957

回収されるのかな??
と思っていたら、ゴミ収集車(?)に出くわしました!

このゴミがどこに運ばれていくのかまでは、分かりませんが・・・

P1020249



道路

乗り物がスリップして崖に転がり落ちなくてよかった・・・

P1020319


機械を使わずに人手だけで法面を補修するのが新鮮でした。
アクロバティックで器用だなあ。

P1020313


倒れた木を撤去するのにも、ほとんどが人力のみだろうから、一苦労なんだろうなあ。
デオダールと呼ばれる木で、この州では伐採禁止で、伐採にはお金を払う必要があるそうです。
インドには難解な法律がたくさんあるみたいですね・・・(2012/10/26 追記)

P1020331



建築

レンガの工場があるようです。

P1020057


簡易な構造物はレンガ造りのところもあります。


P1020155


建設についてはよく分からないけど、もしかしたら、2階建て程度の建物の構造はレンガ???

P1020258



物販

頭に乗せると、不思議と重いものを運べるよね!

P1020157


私の引っ越し歴の中でも、1階→4階と4階→1階を20箱くらい搬入出したことがあるよ!

当時、運動部に入っていたからできたのかもだけど・・・
今じゃ無理そうだわ!






機械化とはかけ離れていて、人の手作業が中心の、ダラムサラのインフラでした。

日本のハイテクなインフラ技術とはかけ離れ過ぎ。
日本の技術を導入したところで、導入のために教えるだけでも苦労するだろうし、維持更新なんてとんでもないんだろうなあ。




日本を活かす 広がるインフラビジネス―国際標準化で巨大市場に挑む!
<レビューより>
「ビジネス大国・日本としての生き方を知る・学ぶ」という観点で読むと、非常に面白く、また日本を知るいいきっかけになるのではないかと考えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。