異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  インド/ダラムサラ旅行記(2012/8) >  物価上昇で困惑のダラムサラ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


物価上昇で困惑のダラムサラ

2012/10/01 18:30

同じ水なのに、ダラムサラではデリーの25%増しで水が売られていることに気付きました。

左の青いキャップの水がダラムサラで購入したもので、右の白いキャップがデリーで購入したもの。

P1020136



2012年8月 インド/ダラムサラ旅行記 前回までの記事
  1. インド(ダラムサラ)行きの経緯
  2. 焼身自殺しか抗議する方法がないんです(チベット民族)
  3. チベット難民と話すなら最低限この英単語を
  4. 記入するだけで面白いインドビザ~オンライン申請ハイライト
  5. 記入するだけで面白いインドビザ~性別欄と宗教欄の特殊性
  6. 中国東方航空/上海空港の努力/会員制ラウンジ
  7. 中国人ビジネスマンから聞いた印中経済関係と中国での信仰
  8. デリー到着。国内便ストライキで欠航!
  9. チケットを持たず夜行バスに乗車(笑) 霧の中ダラムサラへ
  10. 警戒させて、ごめんなさい
  11. デリーで見なかったお牛様に遭遇
  12. チベット寺院~美しき文化遺産マニ石
  13. チベット寺院~犬もいるのにピカピカ
  14. 雨季で4日間太陽を見なかったです
  15. 拷問する側の心境は?



「同じ水なのに、並べて見るとキャップが違う!」
ということが発端で値段比べ。

1リットル当たり
青キャップ:20ルピー
白キャップ:16ルピー

4ルピーの差は約6円だけど、インドで収入を得て暮らす人々にとってはこの6円が60円以上の感覚なんじゃないかな?


P1020138


青キャップの方には
“FOR SELECT CITIES ONLY”
と記載されています。

推測ですが、物資を輸送することが大変な地域では、割増料金で物を販売しているんじゃないかと・・・
(デリーからバスで半日かかりますからね・・・)

ちなみにダラムサラでは、ビール瓶にも同様に“FOR SELECT CITIES ONLY”と書かれていました。
よく見ていませんが、遠方から調達するありとあらゆる既製品が特別割増価格なのかもしれないです。




ダラムサラの住民の生活は、やっぱり苦しいみたいで、9/20には物価上昇に抗議したストライキが行われたとのことです。




日本人から見ると、円高ルピー安の相殺分があるから困らないけど、インドに住む人々は困難を強いられているんだなあ・・・

ルピー円



インドは慢性的な貿易赤字国だから、物価が為替変動に左右されやすいよねえ。

通貨が強すぎて産業流出するのもの困ったものだけど、通貨が弱過ぎるのも困ったものだわ。


タックスヘイブンの闇 世界の富は盗まれている!
第3章 中立という儲かる盾・ヨーロッパ最古の守秘法域、スイス
第8章 途上国からの莫大な資金流出・タックスヘイブンは貧しい国々をどのように痛めつけるか


このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。