異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  旅行検定おもろーい >  鉄道にも手荷物超過料金がほしい 【国内旅行実務~鉄道運賃(1)】

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


鉄道にも手荷物超過料金がほしい 【国内旅行実務~鉄道運賃(1)】

2012/09/27 18:30

総合旅行業務取扱管理者の試験勉強をして「おぉ!!」と斬新に感じたことや「え~!?」と疑問が湧いたことを書いています。



JR料金って、ざっくり分けると
  • 年齢区分(大人、小児、幼児、乳児)
  • 割引区分(正規料金、学割、往復割引、障害者割引、団体割引、ボランティア割引etc)

だけど、もう1個区分け「加算」もしてほしーなーって
東京の超満員電車で通勤している時に思っていました。


たとえば、


◆巨大スーツケースを持ち込んだとき

超満員電車にスーツケースを持ちこんじゃったことあって、すごく気まずかった・・・
何気なく、通勤ラッシュを通る便を予約してしまったのです。

お金は損するけど、追加チャージを払えば気兼ね度が減るのになーって思ったよ。



◆力士や異常なメタボの人と隣合ったとき

上記の逆パターン。
超満員電車での不快度の中で重要ポイントの「断面積」は私の2倍はあるっしょ!
(他のポイントは、「匂い」とか「態度」とか・・・)

超満員電車に乗るときは、彼らの定期券を予め加算してほしいなあ。
加算すれば大きな方も気兼ねせずに超満員電車に乗れるのでは?

遺伝的に太ってしまう体質の人もいるでしょう。
その人は証明書を出して(子供の頃から太っていたとか)「加算免除」にすればOK
厚労省も謳う「メタボリックシンドロームを予防しましょう」に一役を買うんじゃないかしら。


なーんて考えていたら、「メタボ撲滅という厚生労働省の陰謀」という記事を見つけました。
(有咲はすぐに陰謀という言葉に反応してしまいます)
一言でいえば厚労省・医学界・製薬会社の癒着である。
日本版メタボの基準を作った張本人は、日本肥満学会と日本動脈硬化学会を牛耳ってきた松澤祐次である。
彼が03年度まで教授を務めた大阪大学医学部第2内科(現在の大学院医学研究科分子制御内科学)に対する奨学寄付金を調べると、00年度から05年度までの6年間で8億3808万円で、そのほとんどが製薬会社からの寄付金だった。


これが陰謀なら、「病人」扱いする人を増やし、人々を薬漬けにすることに対して罪悪感はないのかしら?


そもそも罪悪感って、どうやったら芽生えるんだろう?
もしくは、なくなってしまうんだろう?
(おいおい考えましょう・・・)



改めて、私って神経質だなあ。
10分弱通勤時間が長くなるのにも関わらず、若干空いている路線に定期券を変更したことあるくらいだもん。


hon23.jpg
ネガティブを愛する生き方 光と闇の法則
世間一般的には、マーフィーの法則を代表とするポジティブシンキング
こそ成功や幸福に向かうための最良の在り方とされており、なかば常識化
されていますが、そこには大きな落とし穴があると著者は言います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/09/27 18:30 ] 旅行検定おもろーい | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。