異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  スポンサー広告 >  インド/デリー旅行記(2012/8) >  高級ホテル「インペリアル」~まるで美術館

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


高級ホテル「インペリアル」~まるで美術館

2012/09/18 18:30

私はクモやヤモリが出るような安宿主義者というイメージがついているかもしれませんが、円高ルピー安ということもあり、デリーの高級ホテルに泊まってみました!


調査や支援を第一目的としてインドに行きましたので、高級ホテルに泊まることに矛盾を感じる方もいらっしゃると思いますが、意味はなくないと思っております。

海外に行くにあたり、航空券等に多額の費用を要します。
私は稼がなければなりません。

そのためには、
・お金持ちがお金を何に使うか
・快適・高級と感じさせるのは何か
というお金の流れが生まれるところに自らの身を置いて、見聞・体験を積んでいくことが必要だと思っております。

特に、社会人になり、可処分所得が増えてきたばかりのところなので、経験できることはしてみようというスタンスを取っております。




赤矢印がインドにいた頃の為替です(下に行くほど円高)。

ルピー円



せっかくの機会なので、インペリアル・ホテル(Imperial Hotels)に泊まってみました。

高級ホテルに泊まったことがほとんどないので、比較対象がなく、感動することばかりでした!

なので、以下に書くことは「いいこと」ばかりです。

2012年8月 インド/デリー旅行記 前回までの記事
  1. ムスリムのお祭で安宿満室!
  2. デリーの中級ホテルでちょっとセクハラを受けました
  3. パスポートを見知らぬ場所に置き忘れた。
  4. 取り戻したパスポートの代償
  5. 同じ旅行会社でも、各々言うことが違うインド人



インペリアルは、コンノートプレースという現地の富裕層が買い物をするような場所にあります。
地下鉄駅から徒歩10分くらいで、アクセスも良いです。


門の中に入ると、警備員が巡回しています。

P1020587


エントランスロビーの装飾っぷりに、まずびっくり。
これだけ飾っているのに品が悪くならないのが、さすがだよね。

P1020594


お出迎えはやっぱりシャネル様。

P1020595


宿泊者が自由にミーティングとかできるスペースです。
ビジネスパーソンがここでミーティングをしていました。

P1020652



噴水を見ると涼みますね。
それにしても、繊細な彫刻ですね。

P1020639



植木鉢にも彫刻。

P1020654



長い廊下と壁の絵の密度に驚く!

P1030048


絵にはインドの歴史が描かれておりました。

P1020793

P1020830



チベットの方も混ざっていました。

P1020785


部屋に入ると、

P1020617


生花が飾られていました。
このボリューム、豪華だよなあ。

P1020618


なんて上品な緑色なのかしら。

P1020613


プール併設。
水辺でゆったり読書している人もいました。

P1020818


都会のど真ん中なのですが、緑が豊かなのでリスもホテルの敷地内で暮らしています。

P1020809



デリーの喧騒も、日本に置いてきた仕事をも忘れさせてくれる、特別な時間を過ごしました。

彫刻品、絵画が見きれないくらいあるし、お庭で散歩するのも快適なので、チェックイン可能時間からチェックアウト時間ぎりぎりまでいましたよ!

そういえば、バックパッカー風の日本男子のカップルもいたなあ。
「普段からこういう所に泊まるんですか?」
って聞いてみたところ、初めてだったみたい。

「ルピー安だから良いとこ泊っちゃおうぜ!」ってノリになったんだろうなあ。



★インペリアル@ニューデリーの予約ができる旅行代理店はこんなところです。


お部屋の内装をリンクしました。
それぞれ個性的なので、お好みのお部屋を探して下さい!
Deco Room
Imperial Room
Heritage Room
Grand Heritage Room (写真2枚)←エスニック調
Eliza Room (写真3枚)
Heritage Suite (写真2枚)
Art Deco Suite (写真2枚)
Luxury Suite (写真3枚)←高価そうな家具のオンパレード
Royal Imperial Suite (写真5枚)←まさに王室のスイートって感じ!




追記(2012/9/19)

難民支援と言いつつ、高級ホテルに泊まって浮かれているなどとご指摘を受けました。

しかし、私がここに泊まった意義も多少なりあると思っておりますので、緑色の箇所を追記させていただきました。 このエントリーをはてなブックマークに追加


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/09/18 22:36 ] [ 編集 ]
>このコメントは管理人のみ閲覧できます 様
貴重なご意見・ご指導ありがとうございます。

確かに私は薄っぺらいです。
様々なことに影響されやすく、考えはコロコロ変わる自覚があります。

昔はそんな自分が嫌で、確固たる信念を持っている人に憧れ、自分もそれが早いこと欲しかったです。
しかし今は、焦って意見を固めなくてもいいのでは?というスタンスです。
[ 2012/09/18 23:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。