異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  2014年06月

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


家族が遭難して1人だけ助かるなら

2014/06/06 18:30

どこかで聞いたことのある話。
祖父母、父母、子供の5人がフェリーで旅行していました。
嵐で転覆してしまい、救命ボートで助かるのは1名だけ。
さて誰を乗せる?

祖父母は十分に生きた。
父母もまあ生きた。
未来の長い子供に生きてもらおう。

以前の私はこんな考え方でした。
日本人なら同じ感覚の人が多いのでは?

一方儒教では、年長の男性を一番重んじるため、祖父を助けるそうです。

寿命が短いし、もう年だから生殖機能も?なのに、なんで祖父なのさ〜??
と疑問に感じ、ずーっと心に引っかかっていました。

ところが最近、この価値観も一理あるなあと思えてきたのです。

子孫の反映を重んじるなら、子供を残すべきでしょう。
しかし先祖から受け継いできた文化や技術を維持を重んじるなら、祖父もしく祖母を残すべきかなあと思うのです。

価値観の未分化な子供が助かったとしても、まだ幼なければ他の大人の価値観に染まってしまい、祖父母や父母が伝えたかったことが途切れてしまいます。
もし大人が生き残れば、よその子に自分が長年培ってきた価値観や技術を伝承するチャンスがあります。
生殖機能が若ければ、子孫ができて教育できるかもしれません。

…こんなこと考えていたら、私の中でこの救命ボート問題の結論が出なくなってしまいました…
まあ、だれか1人しか助からない状況なんて皆無だから、早々に結論を出さなくてもいいでしょう。
ただ、子供ができたら、自分がいついなくなってもいいように、できる限り早く伝えたいことを伝えたいなとは思いました。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/06/06 18:30 ] 思想・宗教・倫理 | TB(0) | CM(2)


プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。