異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  2013年12月

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


雪の高野山は絶景

2013/12/30 18:30

高野山に行ってきました。
標高900mだけあって向かう途中から雪景色になります。

20131230131937c10.jpg

夏場は関西方面の人の避暑地となるため混雑しているそうですが、冬はがらがら。
静寂で荘厳な雰囲気を堪能できました。

20131230131958e72.jpg

数多の歴史上の人物が眠る奥の院では、シロアリまで供養されていました。
そうよね、、供養しないと祟られるかもね、、
普段何気無く殺している命も、誰かが供養してくれていると思うと、気持ちが温かくなったのでした。

20131230131909b46.jpg

年末なので子連れで来ている人がいましたが、子供は雪遊びにだけ興味を示して仏閣には興味なし。
確かに私自身も子供の頃はお寺の景観に感激なんてしなかった。
花とかライトアップとか色鮮やかなものには興味があったけれど、お寺は茶色くて地味な印象しかなかった。

子供ながらに、神社仏閣に感激しない自分の感性の狭さが不安だったけれど、年相応に感性が養われて安心しました。

20131230131925663.jpg

子供ができたら行けるところが限られるんだなと思うと、いつかその日が来るまでに行きたいところに行っておかなきゃだ。
そう言い聞かせて来年も旅行に励もう。
(自分のやりたいことが多すぎて子育てに向いていないタイプだなとつくづく思う)

20131230131916650.jpg
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/12/30 18:30 ] 日本の絶景 | TB(0) | CM(0)


チャーターしたタクシーに他人が乗車

2013/12/10 18:30

日本にはないインドの商慣習に接したからメモっておきます。

ラダックではタクシーをチャーターして移動して貸切だったのですが、運転手さんが空いている席で他人の輸送もしていたのです。

P1040635

もう一人の乗客が降りるときにお金を払っているところを撮影。
インドでは見かけない風貌だから欧州の人かなと思ったけれど、数百キロ先のカシミール地方の人だとこと。

P1040728

左側の女性も乗ってきたうちの一人で、地元の人。
基本的にローカルの人しか乗せず、バッパッカーはスルーしている感じでした。



2013年9月 インド/レー旅行 前回までの日記
  1. 機内からの景色が惜しい
  2. 高山病の薬を激安で入手
  3. インドのレーに行った経緯
  4. 高山病の亜種だろうか
  5. チベット医学のお世話になりました
  6. 遊牧民に会いたい
  7. ラダック人の部屋とラダック流メモ
  8. 【スケッチ】ホテルの窓から見えたレー王宮
  9. 【スケッチ】レーのカラっとした町並み




日本と商慣習が違っているから最初は戸惑ったけれど、私に何もデメリットがないので「乗せるな」とも言えず、何人か乗せているうちに「こんなもんだ」と慣れていったのでした。

タクシーと思わず、バスだと思えば違和感が減りますね。

P1040727

貨物の輸送がメインらしきトラックに人が乗っていたりもするし、乗る人と乗せる人との合意があれば何でもアリなんだなあ。

よく考えると合理的だなあと思う違和感は嫌いじゃないです。
このエントリーをはてなブックマークに追加


【スケッチ】レーのカラっとした町並み

2013/12/07 18:30

ラダック4


2013年9月 インド/レー旅行 前回までの日記
  1. 機内からの景色が惜しい
  2. 高山病の薬を激安で入手
  3. インドのレーに行った経緯
  4. 高山病の亜種だろうか
  5. チベット医学のお世話になりました
  6. 遊牧民に会いたい
  7. ラダック人の部屋とラダック流メモ
  8. 【スケッチ】ホテルの窓から見えたレー王宮



石と泥でできた建物の、乾燥した感じが伝わると幸いです。

ラダック2


これを描いていたら10代後半くらいの男性に「うちにお茶をしに来ないか」と誘われました。

身の安全を考えてお断りしたら「何故だ何故だ」と執拗に誘われて、話さざるを得ず絵を描くのに差し障りが出るので立ち去りました。

目的は分からないですが、なんとなく悠長に絵なんか描ける国の者とコネクションがほしいのかなって思いました。

私が男だったら、声をかけられる頻度が減って快適なのになあと、がっかりしたのでした。 このエントリーをはてなブックマークに追加


プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。