異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  2013年01月

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


ネパール人経営のインド料理店

2013/01/27 18:30

よく行くインド料理店のオーナーらしき人がおしゃべりな人で、話しかけられました。

初対面の外国人へのお決まりのフレーズ
「どこの国出身ですか?」
と聞くと、彼はネパール人でした。

そのお店のスタッフは全員ネパール人。
出稼ぎに来た同胞を雇用しているのでしょう。



確かに、看板が「ネパール料理」より「インド料理」の方が入客あるよなあ。

インド料理だからといってインド人が経営しているとは限らないんだ。
確かに、外国では日本料理店を韓国人が経営していることがよくあると聞く。



驚くことに、彼いわく、
「名古屋にある(愛知って言ってたかな?)インド料理店の9割以上はネパール人が経営しているんだよ」
とのこと。

「ネパールは農業メインだから、農業をしたくない人はインドに出て商業を学ぶんだ。
 そしてインドでより稼げる国に出て行くんだ」


故郷を離れるっていう意味では、インドも日本も似たようなものだもなあ。
一旗揚げたいなら稼げる国に移っていくよなあ。



彼がオーバーに表現しているだけかもしれないから、一応統計も見てみることにした。

愛知県に住むインド人とネパール人の数(2011年末時点)は、
インド人: 827人
ネパール人: 2,139人

本国の人口は、
インド: 1,198百万人
ネパール: 29百万人

ということは、本国の人口比を考慮すると、100倍以上来日(来愛知)しているんだあ。



もしかしたら、上記の827人のインド人は、インド料理店というよりも大企業に勤めている人たちが多いのかもしれない。

インド料理店の9割はネパール人経営は極端としても、大多数はネパール人経営なのかも。

インド料理店に入って話しかけられる度に出身国を聞いてみよっと。

自国に多種多様な雇用機会があるって恵まれているんだなと再認識。



スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/01/27 18:30 ] すげえよ外国 | TB(0) | CM(0)


日本人らしさ〜言霊信仰

2013/01/05 18:30

日本人の思想に触れたくて、逆説の日本史を読んでいます。
この本、日本史について淡々と事実が書かれているわけでなく、事象の発生起因と日本人の思想の因果関係を力説してくれているのが面白いです。

以前、日本人らしい信仰として「和と怨霊信仰」があると書きましたが、「逆説の日本史 (3) (古代言霊編)」によると、言霊も日本人らしい思想とのこと。

言霊とは「言ったことに霊力があり、言ったことが現実化すること」



言霊を信じていたのは遠い昔のことのようだけれど、未だに受験生の前で「落ちる」「滑る」って言っちゃいけないし、試験前に「カツ」を食べたりするもんなあ。

あんまり動じない子もいれば、過剰に気にする子もいるから、今のシーズンはうかつに「落ちる」「滑る」って口にできないよねえ。

これ、日本独特ってことは、外国人から見ると滑稽で面白い文化に思われてしまうのかなあ。



つい数十年前は、言ったことが現実化するだけじゃなく、「言うことは望んでいること」とも思われていたそうです。

発言→現実化
  ↓
現実化させたいこと(願望)を発言する
  ↓
発言→願望

例えば、第二次世界大戦中に、冷静に分析した結果「アメリカに負ける」と発言したら、「アイツはアメリカに負けることを望んでいる奴だ」と思われ、非国民になってしまうことになるという構造。
井沢氏の調査によると、軍部による言論弾圧が始まる前から「アメリカに負ける」という意見は口にできなかったそうです。



うかつに発言できない信仰が、寡黙な国民性を生んだのかしら。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/01/05 18:30 ] 思想・宗教・倫理 | TB(0) | CM(0)


プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。