異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  2012年10月

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


高級店「マクドナルド」でデート

2012/10/30 18:30

ま、ま、マクドナルドに警備員が!!

P1020583


店内にも!

P1020573


マックはインドでは高級路線で進出しているのですねー


2012年8月 インド/デリー旅行記 前回までの記事
  1. ムスリムのお祭で安宿満室!
  2. デリーの中級ホテルでちょっとセクハラを受けました
  3. パスポートを見知らぬ場所に置き忘れた。
  4. 取り戻したパスポートの代償
  5. 同じ旅行会社でも、各々言うことが違うインド人
  6. 高級ホテル「インペリアル」~まるで美術館
  7. 高級ホテル「インペリアル」~レストランで笑えた
  8. インドでアトピー患者を見かけなかったなあ
  9. インドの都市で路頭に迷ったら「日本料理屋」で働けそう
  10. デリーメトロ空港線の工期がのびるのびる




高級店なので、きれいな服を着たアッパー層らしきカップルがデートををしています。

P1020580


小ざっぱりとした爽やかなインテリア。

ドナルドがいない!!
日本のもドナルドいなかったっけ?
久しく行っていないから、思い出せないデス。

P1020575


有咲は子供の頃、ドナルドが気色悪くて苦手でした。
爬虫類とか昆虫が好きで、毛虫がペットだった頃もある私でも、ドナルドはニガテ・・・

あの大きな赤い口に食べられちゃいそうじゃん!




注文したのは、メインメニュー「マハラジャ・マック」

P1020579


ヒンドゥー教徒でもイスラム教徒でも食べれる「鶏肉」らしいです。
肉のペーストにスパイスを入れて固めたような感じだから、舌では何の肉か判別できませんでした。

P1020581





ところで・・・
もし、日本に来たばかりのインド人にデートに誘われて、マックに案内されたら、悪い気をしちゃいけないのかもねー。

インド人も、日本のマックに対して
「なんでマクドナルドで高校生が下品に大笑いしてるんだ!??」
ってカルチャーショックを受けるのかしら。


hon53.jpg
マクドナルドの経済学
円高も円安も織り込み済み。
行列ができると背筋が寒くなる。
残業をしないと来年の利益につながる。
誰もが知るブランドでありながら、その営業、経営の本質がいまだ解明されていない企業・マクドナルド。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加


意外と知られていない女性がスカーフを巻く宗教

2012/10/29 18:30

今週土日は、ワールド・コラボ・フェスタという国際交流・国際協力・多文化共生などをテーマとしたイベントに、チベット・ビルマ難民支援のDream for Childrenさんに似顔絵屋さんとして協賛しておりました。

P1030145



チベット関連の企画なので、絵のサンプルは、ダライ・ラマ法王にしてみました。

P1030144

描きながら心が洗われていたような気が、なんとなくしました。

人相がとっても良い人だよね。
さすがです、猊下。
写真を見ながら描いたけど、おでこのシワがあんまりないなと思ったの。
笑みをたくさん浮かべたんだな~と思われる場所にシワがあるのです。

私もそういう年のとり方をしたいなあ。



また、このワールド・コラボ・フェスタでは、各ブース毎のクイズに正解するとスタンプがもらえて、そのスタンプを集めるとクジ引きが引ける催しがありました。


うちのブースの問題は、
「チベット難民が徒歩で越える山脈は?
 A.ロッキー山脈
 B.アルプス山脈
 C.ヒマラヤ山脈」






答えは↓↓↓
















C.ヒマラヤ山脈





即答正答率は10%くらい。

ちょっと悩んで、消去法で考えていた人を含めると、約25%。

ちなみに来客者は、親子で来ていたり、大学生同士、シルバー層同士などなど年齢層の偏りはあんまりありませんでした。



そんな感じなので、即答者が出ると、盛大に拍手をしていました。

拍手をされたお客さんは、「??? 何故拍手???」という感じで驚いていました。
その人からすると、常識のことなのでしょう・・・
私は即答者にカルチャーショックを受けてもらいたくて、盛大な拍手を送ったのでした。

最年少の即答正答者は8歳の金髪系の白人の女の子でした。
小学生でも正解している子がけっこういました。
勉強を兼ねたレジャーで遊びに来ていて、普段から地球全体のお話が家庭で出るのかな。

知らなかった人でも、
「標高5000mを十数日もかけて歩いてきて、寒くて命を落とす人もいます。それでも亡命したいのです」
とメッセージを伝えることができ、「かわいそう」と思ってもらえる良き機会になりました。






よそのブースでは、もっと驚きがあったみたいです。

「インドネシアの主な宗教は?
 A.仏教
 B.イスラム教
 C.ヒンズー教」

女性の店員さんは、みんな頭にスカーフを巻いています。


多かった回答は、
「A.仏教」
だったそうです・・・

日本にも古来からある宗教なのにね。

スタッフさんの嘆きは
「インドネシアをインドと勘違いをしたり、スカーフとサリーを混同して『ヒンズー教』と間違えた人はまだ理解できるけど、仏教という回答は理解しがたいです」
ということでした。



通りすがりの人に少しでもイスラム教や難民のことを少しでもかじってもらったり、反対に「みんなこれくらいは知っているはず」と思い込んでいるブーススタッフの常識が覆される点において、有意義なイベントだったわ。

国際支援って日本人にメリットは一見ないようだけど、外国人と共に働いたり、同じ地域で暮らす機会はますます増えていくだろうから、国際支援団体による文化理解のPR活動って日本人全体に対して必要だなって思ったよ。




このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/10/29 18:30 ] 思想・宗教・倫理 | TB(0) | CM(2)


「日本人は残虐な民族だと思っていました」と言われて

2012/10/27 14:30

チベット僧と何気なく会話していたら

「日本人は残虐な民族だと思っていました」

と言われました。



彼はチベットに住んでいた時、漢民族が運営する学校に通っていて、歴史の授業で日本兵が中国人を殺すシーンを何度も見せられたそうです。

残虐な日本兵の映像を見せて、「日本人=残虐」というイメージを植え付ける洗脳教育が行われていても、漢民族から弾圧を受けている民族に効果があるのかについては「?」でした。

だって、「敵の敵は味方」になるんじゃないかと。



「華人も残虐、日本人もまた残虐」っていうことになっちゃうのですね・・・


2012年8月 インド/ダラムサラ旅行記 前回までの記事
  1. インド(ダラムサラ)行きの経緯
  2. 焼身自殺しか抗議する方法がないんです(チベット民族)
  3. チベット難民と話すなら最低限この英単語を
  4. 記入するだけで面白いインドビザ~オンライン申請ハイライト
  5. 記入するだけで面白いインドビザ~性別欄と宗教欄の特殊性
  6. 中国東方航空/上海空港の努力/会員制ラウンジ
  7. 中国人ビジネスマンから聞いた印中経済関係と中国での信仰
  8. デリー到着。国内便ストライキで欠航!
  9. チケットを持たず夜行バスに乗車(笑) 霧の中ダラムサラへ
  10. 警戒させて、ごめんなさい
  11. デリーで見なかったお牛様に遭遇
  12. チベット寺院~美しき文化遺産マニ石
  13. チベット寺院~犬もいるのにピカピカ
  14. 雨季で4日間太陽を見なかったです
  15. 拷問する側の心境は?
  16. 物価上昇で困惑のダラムサラ
  17. チベット難民の英語教室訪問
  18. 「ウイルスは殺しちゃいけない」byチベット僧
  19. 「ウイルスは殺しちゃいけない」byチベット僧2人目
  20. ダラムサラのインフラ
  21. ベトナム僧侶「日本と韓国の仏教は消滅した」



「日本人は残虐な民族だと思っていました」と、清々しい笑顔で過去形として表現してくれていたので、誤解が解けていてくれて嬉しかったです。

私と接して感じたというよりも、数人の日本人と接して、日本人は友好的だという印象を持ってくれたのでしょう。

彼と初対面から楽しくお話ができたのは、彼に優しくし、そして長時間かけて信用を勝ち取ってくれた日本人たちのおかげ。

一瞬だけイイ人はできても、一瞬では信用してくれない。
(遊牧民族の子孫だから、出会う人を一瞬で判断できる能力に長けているのかもだけど)



短期的な旅行でも、旅行者との「一瞬」の積み重ねが大きくなると、「日本人って・・・」な印象になるんだろうね。



海外の、特に小さな街に行くと「日本人に初めて接した」という人が少なからずいるから、いい印象を持ってもらうように振る舞わなきゃと再認識しました。

優しいのはもちろんだけど、同時に賢くたくましい印象も持ってもらわなきゃ、騙されたり馬鹿にされる対象になりかねないからねえ。

こりゃ大変だあ。
賢くてたくましい印象を持ってもらうなんて、テクニックの世界じゃないんだろうね。
普段の行いがにじみ出てくるんだろうね。



「若者よ、海外に出ろ」
なんて言う人がいますが、私はそうじゃなくていいと思うよ。

(他人のことは決して言えないけど)誰もが海外に出ちゃうと、日本人の汚点が露呈すると思う・・・
海外で汚点を作ってくるくらいなら、出てくれない方がありがたいんじゃないかな。
それか、汚点を作らないくらいになるまで、妥協せずに出まくり続けるか。



動乱のインテリジェンス (新潮新書)
わが国最強の外交的知性が火花を散らす「非常時対談」。沸騰する日本近海、混迷の中東、通貨危機、そして黄昏れゆく日米同盟―日本よ、火種の扱いを間違えてはならない。
このエントリーをはてなブックマークに追加


プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。