異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  color

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


色彩・言語の関係は人それぞれ

2013/08/12 18:30

東京ミッドタウンの21_12 DESIGN SIGHTにて催されていた「カラーハンティング展」にて、私にとって興味深い展示がありました。

「言語を色彩に置き換えるとどう分布するか」についての展示です。

美大の女子大生にアンケートを取ったら、下記のように分布したそうです。



美術系だから特定の色に偏るかなと思ったんだけど、ばらついていて驚いたわ。

というのも、デザインをするにあたっては、多くの人と色感が一致していないと良いデザインを作れないと思ったのです。

美術系の人の方が感性が変わっていて、突飛な反応を示すのかな?

これ、芸術系とその他学部で比較してほしいわ!



36.5℃

P1030863

私なら「赤」。
北国育ちだから、外気の36.5度って暑い印象があります。

体温の36.5度をイメージするとオレンジ、トロピカルをイメージすると青系になるのかな。

黒・灰色・白を選択した人は何を連想したのでしょうか。



コチニール

P1030865

私なら「赤」。
赤の着色料として使われている物質だからという単純な理由ですが。。

コチニールが何物なのか知らない人を除いたら、どういう分布になるのか気になりますね。



萌え

P1030866

私は、ありきたりですが、ピンクを連想しました。

他の色を思い浮かべられるような感性になってみたいものです。



キラキラ

P1030867

私は黄色を連想。
他を選べと言われたら、白かな。
色感がマジョリティなんだな~

黒や紫を第一に思い浮かべる感性って羨ましいわ。
黄色や白の明るさを際立たせるのは、黒や紫だから。



その他の言語は散布図にあります。

コレスポンデンス分析結果の散布図
各軸の寄与率は、横軸(第2解)17.5%、縦軸(第3解)12.8%

P1030860

横軸は、暖色⇔寒色になっていますね。

縦軸の言葉を見てみると、歴史・自然⇔現代・都会という傾向になっていると思いました。



展示物は豪華で手の込んだ3Dでしたよ。

P1030862

高さの軸がどんな風か気になる!
けれど解読できない・・・

綺麗じゃなくていいから、日本語表記で作成してもらいたかったです!


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/08/12 18:30 ] color | TB(1) | CM(0)


RGBで彩度グラデーションは難しい

2013/01/02 18:30

鮮やかな色と、その色と同一明度のグレーとのグラデーションを作ろうとしてみました。

左は、WEBなどで使用されるRGBの数値の比(200と100の間は150にするみたいな)。
右は、人間の目の知覚を基準としたLab色空間基準。


彩度RGBLab
基準ff0000ff0000
75%e02020e54628
50%c04141c96147
25%a16161a87465
0%818181818181


彩度RGBLab
基準00c0ff00c0ff
75%2cbceb5cbcec
50%58b8d780b9d8
25%84b4c39cb4c4
0%b0b0b0b0b0b0


彩度RGBLab
基準ffe000ffe000
75%f8e139fee058
50%f1e171f8e18b
25%eae2aaefe1b2
0%e2e2e2e2e2e2


RGBでは綺麗なグラデーションが作れないですね・・・

25%と0%の間に激しい色の差が生じるし、中間の色が暗くなってしまう。

Lab色空間ステキ。





このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/01/02 18:30 ] color | TB(1) | CM(0)


色相を明度の数値で統一するなんてムリ

2012/12/18 18:30

以前、Lab色空間方式で色相を彩度と明度双方の数値を合わせてみると、色相が不調和してしまいました(2012/12/15)。

50歩譲って、明度だけをLab色空間方式で合わせてみると・・・

明度黄軸青軸赤軸緑軸
10221b00001d4348001d00271a
20393000003264660032003c2f
30514609004a9e8c0049005745
406c5d110062b9bf006200735c
508876133b7a9cee007b009275
60a68f006b93d5f7509400ac8e
70c5a9008fade5fe83ae1bc1a9
80e4c400b3c8f3ffadc881d6c5
90ffe000d7e3ffffd4e3bcede2


フォトショップの機能を使って並べてみたのですが、これまた不調和。

横の行毎に見ると(主観ですが)
  • 明度20は、まあ綺麗
    だけど、黄だけは明度30と組み合わせるのがいいかな
  • 緑の明度70と赤の明度50が鮮やかすぎて飛び出て見える
  • 青は明度低め、黄は明度高めを組み合わせなければ不調和


Lab色空間の基準で配色しようとするとき、明度の数値を機械的に用いるのは無理っぽいですね。



でも、Lab色空間の色相の基準は好きなんです。

黄色の補色を扱うとき、

RGPでは  黄色紫色
PCCSでは 黄色青紫色
Labでは  黄色青色

ベーシックカラー「黄色」の補色を、大多数の民族が認識している同じく超ベーシックカラー「青色」としている発想が好き。


また、ぼちぼち、機械的に色を並べてみます。





このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/12/18 18:30 ] color | TB(0) | CM(0)


プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。