異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  イギリスなど旅行記(2009/2)

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


モナリザの写真を撮りまくる人々

2013/02/07 18:30

2009年2月 イギリスなど旅行記 前回までの記事

  1. ロンドンでも格安語学留学
  2. ロンドンでやらかしたこと 1
  3. ロンドンでやらかしたこと 2




イギリス鉄道旅行をするつもりが、鉄道チケットを盗まれたので、急遽パリに向かうことに切り替えた4年前。



パリの町並みを見て思ったのは、

盗まれてくれてありがとう、鉄道チケット

街のあらゆるところに古く豪華な建物が残されていて、視界に入る光景がこんなにも統一感がある場所が、日本にどれだけあるだろうか・・・と思ったのでした。



鉄道チケットだけならず、カメラを盗まれてしまったので、街のちょっと気に入ったところをスケッチし始めました。

フランス03


カメラを紛失していなければ、スケッチすることがなかったかもね・・・
だって、2月だし、寒かったし、時間かかるもん。

カメラがわざわざいなくなってくれたのかもしれないなんて思ったよ。

その場では鉛筆だけで描いて、夜に宿で色を塗りました。



パリといえばルーブル美術館、ということで真っ先に向かいました。

絵もさることながら、建造物の豪華絢爛っぷりに圧倒される。

フランス02


金でできている部分を黄色で塗ってみました。
豪華さが表現できなくて、ごめんなさい。。



フランス04


この廊下、とてつもなく長いんです。
今思うと、もっと長く見えるように描けばよかった。
これも経験ですね。



フランス01


モナリザの部屋へ。
モナリザに人が集まりすぎるせいか、モナリザの周りに絵がなかったのです。

モナリザ、想像していたより小さかったな。
小さいのに、世界中の人々を魅了するなんて、尚更すごい絵だ。

それにしても、こぞってフラッシュをたいて写真を撮りまくっていることに驚いた。
一応警備員は「NO!NO!」みたいなこと言っているけれど、みんな撮るのを止めない。

このモナリザの絵は本物じゃないから、本気でフラッシュ禁止の措置を取らないのかな、なんて思ったり。



それにしても、水彩画って難しい。

思うがままににじんでくれないし、塗り直しできないから配色が悪くなりがちだし・・・

鉛筆画のままにしておけばよかった・・・

もっと日本で練習してから挑めばよかったなあ。



スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加


ロンドンでやらかしたこと 2

2012/12/08 18:30

2009年2月 イギリスなど旅行記 前回までの記事

  1. ロンドンでも格安語学留学
  2. ロンドンでやらかしたこと 1



イギリス鉄道乗り放題チケットを盗まれてしまったので、心機一転してドーバー海峡を越えてフランスとオランダにバスで向かいました。

ロンドン→パリ
パリ→アムステルダム
アムステルダム→ロンドン
という三角形ルートでバスのチケットを買いました。

ドーバー海峡は船に乗り換え。
夜行バスだと、2回起きなければいけないので、熟睡できないです。

フランスとオランダの旅行ガイドブックは持っていなかったので、ドーバー海峡を渡るときのフェリーで購入。
英語表記なので、読むのに時間がかかりました・・・
その時は「英語の勉強になる」と思って、前向きな気持ちだったかな。



パリへは昼行バスに乗ったけれど、ガイドブックを買ったり、フェリーでの食事を楽しんだり、仮眠を取ったりしているうちに、あっという間に時間が経っていたと思います。



パリに着いた!
まるで街中がお城!
美しい街並みをたくさん写真に収めるぞ!

・・・と思ったその時に、
カメラがない!!!



鉄道チケットだけでなく、カメラもなくしてしまった。。。
(だから、ここまで写真ゼロなんです・・・)

バスの中で写真を撮っていて、そのまま仮眠しているうちに、落とすか盗まれるかしてしまったのです・・・



バスの窓口に向かい、
「カメラをバスでなくしました。バスに落ちていませんでしたか?」
と請うと、
「首にかけていなかった、あなたが悪い」
と言われ、取り合ってもらえませんでした。

ここは日本じゃないと痛感。
落とした財布の中身が盗まれず届けられる日本って珍しい国。



写真は絵葉書を買って補填しよう。
せっかくカメラがなくなったので、気を取り直して、ヨーロッパの美しい街並みをスケッチしようと心に決めたのです。



このエントリーをはてなブックマークに追加


ロンドンでやらかしたこと 1

2012/12/06 18:30

2009年2月 イギリスなど旅行記 前回までの記事

  1. ロンドンでも格安語学留学



2009年2月の中旬、イギリス旅行へ。
何ごともなく、モスクワ乗継ぎでロンドンのヒースロー空港に着きました。
アエロフロートは評判が良くないですが、モスクワの空港でマトリョーシカなどロシアの民芸品が見れる点では好きです。

ロシアを代表する塗り物「ホフロマ塗り」かわいらしいです。
マグカップを持っていて、かれこれ8年も愛用しています。
次回ロシア乗継ぎになったときに、食器を買い足したいな~






さて、入国審査が終わり、地下鉄でロンドン市街地に向かおうとしたところ、大変なことに気付きました。


イギリス鉄道1週間乗り放題チケットを紛失!!!
3万円も出して買ったのに・・・



紛失した場所は、おそらく入国審査時。

パスポートと一緒にチケットを渡してしまい、入国審査官に盗まれてしまったようです。

入国審査官にチケットを手渡すのもいけないけれど、もっとダメだったのが、チケットにサインをしていなかったこと。
サインしていないものは未使用扱いで転売できたはずなんです。

飛行機の中でゲームばっかりやっていないで、一筆、サインさえしていれば・・・



ダメモトで空港の案内所に行き、事情を説明しましたが、
「あんたが悪いんでしょ」
という感じで対応してもらえず・・・

この時、生まれて初めて英語を必死に喋りました。。



途方に暮れてしまいました。

もう一度同じチケットを買うのは、なんとなく癪に障る。

ということで、開き直って、ドーバー海峡を越えて、フランスとオランダに行ってみることにしたのでした。



私って怠惰で注意欠陥だよなあ。。
ぶっちゃけ海外旅行しないほうがいいタイプなんだろうなあ・・・


このエントリーをはてなブックマークに追加


プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。