異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  絵

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


船のある風景

2013/12/03 18:30

また旅先で風景画を描きたいので、ぼちぼち写真を見たりして練習しています。。

紺色と橙色の相性が意外といいなあと思った1枚です。

船のある風景

水彩で水面を描くの楽しいわ。

水のある街、オランダとかベネチア行きたいわ。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/12/03 18:30 ] | TB(0) | CM(0)


旅先スケッチ中に人が話しかけてきたら

2013/07/12 18:30

旅行先で感じたままにさらっと描く

というのに憧れています。



でも、特に人懐こい人が多い地域なんかに行くと、絵を描いてると人が群がってきて、話しかけられてしまう!

それでも現場でスケッチをしている人がいることは確かなこと。



ものの1~2時間でこれだけスケッチできる上野博先生に、どう対処しているか尋ねてみました。

dsc03776.jpg

「そりゃ話しかけられるよ! 
 『飲み物持ってきましょうか?』
 って聞かれることもあるよ!」

だそうです。

現地の人が飲み物手配してくれるのか・・・
さすがです。

先生の絵が出来上がっていく様子を、現地の人は見ていたいから、飲み物を差し出されるんだろうなあ。

あと、先生は絵を描いている時に話しかけられても、目を合わすことなく描き続ける。
話をするために目を合わせてしまうと、会話モードに入っちゃって絵が止まるけれど、そうしないのが絵を現場で描き上げるコツなんだろうなあ。



まとめると、
  • 話しかけられても、人に目を合わさず、極力絵と対象に合わせ続けること
  • 話しかけてくる人が、会話を拒否されても不満にならないくらいに、猛スピードで描くこと


スキができないくらいの猛スピードを達成しなきゃだね。



hon118.jpg


このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/07/12 18:30 ] | TB(0) | CM(0)


似顔絵はどこまで似ている必要があるかな?

2012/11/14 18:30

似顔絵のお客サマに、一緒に写真撮影した写真をメールで送ったら、こんな返事が返ってきました。
ちなみに78歳のおじさまです。

折角似顔絵を描いていただきましたが、周囲の人たちに
見せたところあまりにていないなーと云われガッカリ。


えええええ!?
描いた直後は、一緒に写真撮影するくらい喜んでいたのに・・・



ショック!!!
残念!!!










なんて、微塵も思っていないよ 笑
いちいち真に受けていたら、やっていられないからね~。

想像するに、このおじさまは、なんでもかんでも否定したがる人に絵を見せちゃっただけなんだろうなあ、と。

更におじさま、受けた否定感を私に横流しにしてる。。。



おじさまの知人にしろ、おじさまにしろ、何も創造しない否定的なことをあえて言う人もいるんだな~と勉強になりました。

「○○部分が似ていない」
「もっとこうすれば良くなる」
みたいな発展性のある批判だったら、喜んで聞く耳を持つんだけどねえ。



試しに
「どの辺りが似ていないでしょうか?」
って返信しようか心を過ぎったけど、非常に返答に困惑するだろうから、やめておきました。





中島みゆきさんの好きな歌に、「瞬きもせず」という歌があります。
そのフレーズに、
君を映す鏡の中 君を誉める歌はなくても
僕は誉める君の知らぬ 君についていくつでも

あのささやかな人生を 良くは言わぬ人もあるだろう
あのささやかな人生を 無駄となじる人もあるだろう
でも 僕は誉める君の知らぬ 君についていくつでも
というのがあります。



単純な解釈ですが、本人も他の人も気付いていない、その人の良さに気付いて誉めるのは素敵だと思っています。

そう在りたいし、似顔絵を描く時もその思想で描きたい。

例えば、小さい目を気にしているだろう人の小さい目を美しく描いたりしたい。



ただ、シワとか肌荒れは、同じ量は絵に取り入れなくてもいいというのが今の見解。
本人と識別できるくらい、30%くらい、取り入れている。
そのシワが美しい笑い皺ならいいけど、怒りの蓄積したようなシワをわざわざ描き入れる必要ってなんだろう?、という結論がまだ出ないです。

80歳で入滅されるお釈迦様の像も、若々しい頃の顔で表現されています。
常人ではなかたにしろ、この姿で亡くなられたわけはないでしょう。
最も肉体的にエネルギーに溢れていた頃のその人を表現する方が、像からエネルギーを感じられるから、そう表現したのではないかと思います。

P1020482

私も同様に、本来のその人(骨格)を描くことが大切で、あとは補足的に描くのが自分にとって心地よいです。
「こう描くべき」という理屈じゃなく単なる趣向の問題で、綺麗に描きながら自分自身が絵に癒されたいんだわ~。
似顔絵屋さんはたくさんいらっしゃるから、私の感覚に同意する人が買ってくだされば、それで構わないんです。



似顔絵描き込み練習帳―驚くほどカンタン!
独自に考案した「ポジション式似顔絵上達法」により、似ていることとはなにか、どのように描けば似ている似顔絵が描けるかをわかりやすく解説。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2012/11/14 18:30 ] | TB(0) | CM(0)


プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。