異文化に恋してる

異質な考え方に触れて参考になったときの備忘録
異文化に恋してる TOP  >  フィリピン/ルソン島旅行記(2012/5)

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


工業が乏しいフィリピンへの、日本人コンサルタントによる支援

2012/08/27 18:30

フィリピンにいる間、過剰な量のトライシクルを見るたび、産業が乏しいんだな・・・と思いました。

P1010233

P1010197


もっとたくさんの工場があれば、多くの人手を必要としますから、この人たちが安定収入を得られる機会が増えるのになあ。


工業化が遅れた要因として、「インフラストラクチャは極めて貧弱で、とりわけ道路、鉄道、エネルギーなどの社会資本の立ち遅れなど、工業化を妨げる一つの要因となっている(wikipedia)」ということがあります。

ホームスイテイ先の渡辺さんは、工場誘致のコンサルタントとしてフィリピン経済に貢献していますが、上記以外の要因を教えてくれました。

それは商慣習の難しさです。

日本では法律を第一に重んじます。
しかしフィリピンで優先されることは、
1.コネ
2.金
3.法律

コネや金が法律を超えてしまうのです。


書類一つ通過させるにも、すぐに真っ当に進まない。
でも、政府にコネがある人が予め話をつけておけば、すんなり通ってしまう世界のようです。

フィリピンに誘致してきた日本企業が、このフィリピンでの常識を知らず、撤退を余儀なくされたケースが多々あるそうです。

外国企業にとって、政府に顔パスのコンサルタントの存在が、工場誘致に欠かせないのです。



フィリピン政府さん、受け入れモードじゃなきゃ失業者であふれるよ・・・
でも政府にとっては複雑なままでいいのか。
出稼ぎでGDPの1割を稼げているから・・・





こんな話をしながら、渡辺さん、JOYさん、フリッツさん、お世話になった方々とお別れをしました。

楽しかった旅行に感謝してカンパーイ!!!

133731773_org.jpg

ご購読の皆様、お付き合いありがとうございました!

2012 GW フィリピン旅行 全記事一覧
1.そうだ、フィリピンに行こう
2.フィリピンでの服装・持ち物
3.マニラ空港到着&両替
4.マニラ→世界遺産バナウエ~part 1~甘かった(泣)
5.マニラ→世界遺産バナウエ~part 2~感謝感激!
6.マニラ→世界遺産バナウエ~part 3~また予定外
7.マニラ→世界遺産バナウエ~part 4~やっと到着。
8.観光案内をしたがる親切過ぎて危険な女性
9.フィリピンでスケッチは断念。
10.敬虔なクリスチャン中学生からの布教
11.児童の深夜単独労働を目の当たりに
12.客引きに追い回された&対処法発見
13.ブランド物とファーストフード店がデパートに同居
14.ビレッジ(金持ち居住地区)でセレブ気分を満喫
15.メイドさん育ての話から広がったフィリピン人とのビジネスの話
16.「日本は危険」 フィリピン人は思う
17.施したら想像以上に喜ばれました@タガイタイ
18.フィリピンの鶏肉は中国産ばかりですって!?
19.ダイビング業者選びを誤ると事故っちゃうよ
20.フィリピン女性の仕事と家庭
21.フィリピンの上流層の生活
22.工業が乏しいフィリピンへの、日本人コンサルタントによる支援



現代フィリピンを知るための61章【第2版】 (エリア・スタディーズ)
歴史、政治、経済、社会の仕組み、そして多様な文化や人々の暮らしを、最新のトピックスを交え紹介する。より深く知りたい人のために、巻末に詳細な読書ガイドを付す。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加


フィリピンの上流層の生活

2012/08/25 18:30

ヴィレッジという高級住宅街でのホームステイで、フィリピンの上流層の生活について少し触れてきました。

そろそろこの旅行記を締めるにあたって、もう2点触れていきます。


2012 GW フィリピン旅行 前回までの記事
1.そうだ、フィリピンに行こう
2.フィリピンでの服装・持ち物
3.マニラ空港到着&両替
4.マニラ→世界遺産バナウエ~part 1~甘かった(泣)
5.マニラ→世界遺産バナウエ~part 2~感謝感激!
6.マニラ→世界遺産バナウエ~part 3~また予定外
7.マニラ→世界遺産バナウエ~part 4~やっと到着。
8.観光案内をしたがる親切過ぎて危険な女性
9.フィリピンでスケッチは断念。
10.敬虔なクリスチャン中学生からの布教
11.児童の深夜単独労働を目の当たりに
12.客引きに追い回された&対処法発見
13.ブランド物とファーストフード店がデパートに同居
14.ビレッジ(金持ち居住地区)でセレブ気分を満喫
15.メイドさん育ての話から広がったフィリピン人とのビジネスの話
16.「日本は危険」 フィリピン人は思う
17.施したら想像以上に喜ばれました@タガイタイ
18.フィリピンの鶏肉は中国産ばかりですって!?
19.ダイビング業者選びを誤ると事故っちゃうよ
20.フィリピン女性の仕事と家庭



◆服装について

ヴィレッジの中では、みんな驚くほどラフ。

P1010251

Tシャツ&短パン、Tシャツ&ジーパンがスタンダード。


街に出る時も同じスタイル。
高価なものを身につけているということは「私は金持ちです、狙ってください」とアピールするのと同じだからです。

着飾るのは、金持ちしか集まらないようなパーティーくらいだそうです。


マカティには高そうなオシャレな服を着た子がいましたけど、本当のお金持ちではなく、ただ服が好きで服にお金を使う子なんだと思いました。



◆預金金利について


預金利率が5%もあるそうです。

ペソに替えて3,000万円預けておけば、元本を崩さずに年間150万円ゲット!

年収10~20万円の人がほとんどのフィリピンでは、150万円もあれば豊かに暮らせます。





住民専用プールで欧米人が楽しそうに話したり泳いだりしているのを見かけました。

資産運用の情報も、情報通同士が集まってこういう所で「あの国債がいいぞ」なんて行われているんだろうなあ。


【新版】内藤忍の資産設計塾 外貨投資編 (資産設計塾シリーズ)
ベストセラー、内藤忍の資産設計塾シリーズの『外貨投資編』が4年ぶりに新版で登場! これからの資産運用に欠かせない外貨投資にフォーカスして総力解説しています。 外貨資産は持つことよりも、持たないことがリスク。

このエントリーをはてなブックマークに追加


フィリピン女性の仕事と家庭

2012/08/23 18:30

ホームステイ先の渡辺家に住み込みでメイドを勤めるフリッツさん。
週に1度、自宅に戻るそうです。

自宅には3人のお子さんがいて、フリッツさんのお母さんが面倒を看てくれているのです。

たまたま一番大きな娘さんが夏休みだったので、お母さんと一緒に泊っていました。
家にはないインターネットに夢中!
渡辺さんが仕事を終えてPCが空くと、YouTubeの歌やドラマのサイトを眺めていました。

フリッツさんが28才で娘さんが11才!
だから初めて会ったときは親子に見えなかった・・・

133731816_org.jpg


2012 GW フィリピン旅行 前回までの記事
1.そうだ、フィリピンに行こう
2.フィリピンでの服装・持ち物
3.マニラ空港到着&両替
4.マニラ→世界遺産バナウエ~part 1~甘かった(泣)
5.マニラ→世界遺産バナウエ~part 2~感謝感激!
6.マニラ→世界遺産バナウエ~part 3~また予定外
7.マニラ→世界遺産バナウエ~part 4~やっと到着。
8.観光案内をしたがる親切過ぎて危険な女性
9.フィリピンでスケッチは断念。
10.敬虔なクリスチャン中学生からの布教
11.児童の深夜単独労働を目の当たりに
12.客引きに追い回された&対処法発見
13.ブランド物とファーストフード店がデパートに同居
14.ビレッジ(金持ち居住地区)でセレブ気分を満喫
15.メイドさん育ての話から広がったフィリピン人とのビジネスの話
16.「日本は危険」 フィリピン人は思う
17.施したら想像以上に喜ばれました@タガイタイ
18.フィリピンの鶏肉は中国産ばかりですって!?
19.ダイビング業者選びを誤ると事故っちゃうよ




フリッツさんいわく
「娘には言ってるわ。子供を産むタイミングは気をつけなさいと」

彼女は初産が17歳で、他にも2人いるので、中学校までしか出ていなく、給料の高い仕事に就けないので、娘さんにアドバイスをしているのでしょう。


フィリピンに住む日本人や欧米人からすると「月1~2万円でメイドさんを雇える」というありがたいことなのですが、逆の立場では「月1~2万円しか稼ぎがない」
しかも週休1日!

私が大卒のJOYさんに支払った、観光しながら英会話レッスンの対価は、8時間で2,000円です(全額本人に直接払いました)。
1日でメイドさんの3日~1週間分の稼ぎを得たことになります。



ちなみに、JOYさんにも大きなお子さんがいるのです!
21歳の時に産んだそうで、JOYさんが家に帰るまではご両親が面倒を看てくれているのです。


フィリピンでは、女性のが子供を産んでも外で働きに出て、子供は女性側の親が預かるというケースがよくあるそうです。
だから家では女性の方が発言権が強いんだとか・・・
稼ぎもあるし、実家のサポートも得られるので、離婚も多いです。






「フィリパブ減ったねー」
の原因は、以前発行されていたエンターテイナービザが年間10万件ものの、今では7千件程度だからです。
ミュージシャンやダンサーのような、専門性のある人以外の発給が厳しくなったとのこと。

9万人の働き口はどこに行ったかというと、フィリピン国内に夜のお店が増えてしまったのです。
また、中東が経済成長著しいため、中東へメイドとして行くケースも増えているそうです。





ところで、フィリピーナのほとんどが産毛を剃らないのはうらやましい!

あたかもすね毛に見えるような濃さでもふさふさしている人もいるよ~
毛フェチの方は是非フィリピンへどうぞ!

わき毛は・・・気にならなかったわ。
おそらく、キャミソールやタンクトップの女性が皆無だからでしょう。
脱いでみないと分かりません!

P1010219

P1010056



hon04.jpg
フィリピン妻4コマ日記
恋愛経験ナシ、貯金ゼロの貧乏漫画家が知り合ったのは、フィリピンパブで親に仕送りをするフィリピン女性だった。そして、なんとか二人で食事をと思ったら、パブのホステスさんが大挙して押しかけ……しかし、それは彼女の友だちへの彼のお披露目だったのだ。
そして、無事に付き合いだした二人。でも、そこに待ち構えていたのは、ビザの期限と彼女の妊娠!!

このエントリーをはてなブックマークに追加


プロフィール

有咲

著:有咲
旅行しながら風景描きまくりたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 美術ブログ スケッチ旅行へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ

ブロとも申請
☆ブロとも申請大歓迎☆

この人とブロともになる
facebook
ご連絡等を承っております

QLOOKアクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。